美容外科・形成外科・皮膚科・レーザー脱毛・プチ整形 ソノクリニック
大阪梅田院・神戸三宮院

ほくろ・イボ・アザ・ワキガ・痔の治療 健康保険取扱

大阪梅田院 06-4796-5656 神戸三宮院 078-392-5521 ※予約制

btn_counsering
スタッフブログ

実は深刻ダメージを受けてることも!?秋のお肌にご注意を

カテゴリ: 肌トラブル

BBQ、海に夏フェスと、みなさん夏のレジャーは楽しまれたでしょうか?そんな時、ついつい楽しすぎて紫外線対策がおろそかになったり、疲れてしまって後の保湿ケアを忘れてしまったりしていませんか?中には「それが思ったほど肌が荒れてないんです。」という方もいらっしゃいますが、そんな方ほど注意が必要!夏に受けた肌ダメージがすぐに表面化しないからと言って甘く見ていると、秋に入ってトラブルが表面化し、一気に肌老化が進行してしまう事も。そうならないためにも、秋に起こりやすい肌トラブルと症状ごとのオススメ肌ケア法をご紹介します。

秋に起こりやすい肌トラブル

●シミ・シワ
●ニキビ
●肌荒れ・ごわつき・くすみ
これら秋の肌トラブルの一番の原因は紫外線。日焼け止めや日傘などでガードはしていても少なからずダメージは蓄積されていきますし、効果の強すぎる日焼け止めクリームはそれ自体も肌へのダメージになります。その他にも、エアコンによる乾燥や冷えも問題です。これらはダメージを受けてすぐに表面に出ることもあれば、肌の奥に蓄積されターンオーバーと共に表面化することもあります。ターンオーバーは通常28日周期と言われていますので、7・8月に受けた肌のダメージが9・10月に出てくることになります。また、秋になると朝晩の寒暖差が激しくなったり、空気も乾燥してきたりと、気候の変化に伴うホルモンバランスの崩れも重なって、更に肌老化が進行してしまうことになります。

オススメ肌ケア法

①シミ・シワ
[セルフケア]
シミ・シワ対策で最も重要なのは「保湿」。保湿成分の高い化粧水をけちらずたっぷり使って潤いを補い、水分が蒸発しないよう乳液やクリームなどの油分でふたをしましょう。特に目もとは皮膚が薄く、乾燥によって最も影響が出やすい箇所なので、専用のアイクリームを使って特に入念にケアするのがオススメです。

[クリニックでのスペシャルケア]
目もとのシワが顕著な場合は「ボトックス注射」がオススメ。気になる箇所に注射するだけで気になるシワが無くなり、高い安全性・即効性も魅力です。また「コエンザイムQ10パック」はシミ・シワだけでなく、くすみにも効果があります。

②ニキビ
[セルフケア]
秋ニキビの原因は、夏場の紫外線と洗顔のしすぎで肌機能が低下し、ニキビが出来やすく治りくい肌環境になっているから。基本的な事ですが、正しい洗顔と保湿効果のあるスキンケア、そして気候の変化などでホルモンバランスが乱れやすいので、正しい食生活と睡眠を心がけるだけでもニキビケアに繋がります。

[クリニックでのスペシャルケア]
最新光美肌治療「フォトRFプロ(オーロラ)」は、ニキビやニキビ跡に作用し、ハリのある肌を再生します。「ケミカルピーリング」や「毛穴クリーニング」と併用すればより高い効果が期待できます。

③肌荒れ・ごわつき・くすみ
[セルフケア]
乾燥や紫外線のダメージから、肌が乾燥したり角質が厚くなりごわつき感が出てきます。これを放置すると、くすみやシミ・シワの原因にもなります。古くなった角質を取り除くためにスクラブ入りの洗顔料や角質除去機能付きの化粧水などで、優しくケアしましょう。その後はたっぷりの化粧水で普段よりもしっかり保湿することも忘れないように。

[クリニックでのスペシャルケア]
肌の奥の細胞に作用しターンオーバーを促進する「プラセンタパック」や「プラセンタ注射」、光肌治療「フォトRFプロ(オーロラ)」の他、肌のざらつきや毛穴の開きが気になる方は「イオン導入」もオススメです。

 今、目に見えて無いからと言って安心するのではなく、先を見越した肌ケアをするようにしましょう。もちろん毎日のセルフケアが基本にはなってきますが、クリニックでは様々な肌ケアメニューがあり、肌の状態に合わせて使い分ければより高い効果が望めます。値段も手ごろなものが多いので、興味があればお気軽にお問合せしてみてください。本来秋は暑すぎず寒すぎず過ごしやすい気候ですが、過ごしやすいからこそ、夏に受けたダメージを早くリカバーし、冬に備えたいものです。10年後の輝く笑顔のためにも、素早いダメージケアを心がけましょう。

肌の乱れは生活の乱れ

カテゴリ: シミ治療

知っておきたいシミ・そばかすの原因と対策
顔に出来たシミ・そばかすは、実年齢以上に老けた印象を与えてしまうと、女性はもちろん男性も多くの人が悩んでいる肌トラブルの代表格。
一般的には紫外線を浴び続けることがシミの発生原因と言われていますが、実はストレスや生活習慣の乱れでもシミ・そばかすを引き起こしてしまうことはご存知でしたでしょうか?
シミ・そばかすの発生原因と今からでも出来る対策方法をご紹介します。

シミ・そばかすの原因

1.日焼け
シミ・そばかすの原因の多くが、紫外線による日焼けが原因。顔以外にも腕や背中など、肌の露出が多いところに発生します。30代後半から目立ち始めますが、早い人なら20代からでも発生することがあります。

2.乾燥
肌が乾燥して潤いやコラーゲンなどが不足すると、肌細胞の生成が停滞し、古い細胞やメラニン色素が肌に残りやすくなります。更に乾燥が進むと、肌のダメージが進みシミ・シワの原因となります。

3.ニキビ
ニキビ跡が炎症したものが紫外線と反応すると、色素沈着を起こしてしまいます。最初は赤みを持ったニキビ跡が、気が付いたら黒くシミになっていることも少なくありません。また、ニキビが悪化して化膿したものを放置していると、シミだけではなく肌が凸凹してしまうこともあるので注意が必要です。

4.間違ったスキンケア
汚れを落とそうと洗顔の時に強くこすったり、化粧水や乳液を肌に浸透させようと強くパッティングする人がいますが、このような間違ったケアは肌を傷つけ、乾燥やシミ・ニキビなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

5.食生活
乱れた食生活は新陳代謝を悪くし、ターンオーバーが正常に行われずシミの原因になります。また栄養バランスに偏りがあると、シミ予防に必要な栄養が不足してしまい、よりシミを増やす要因になります。

6.ストレス・疲労・睡眠不足・タバコ
睡眠不足や疲労感、精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが乱れたり色素細胞が活発になり、シミを増やすことになると言われています。またタバコに含まれる有害物質は乾燥や老化の原因となり、その結果、シミを増やすことに繋がります。

正しいシミ・そばかす対策

1.基本は紫外線対策
シミ対策は第一に日焼けしないこと。その基本は日焼け止めクリームですが、SPFやPAという言葉を目にしたことはありますか。これらは日焼け止めの強さを表す数値ですが、効果が高いからと言って数値が高すぎるものを選んでしまうと肌に負担をかけてしまいます。日常生活で使用するならSPF20~30、PA++のものをこまめに塗りなおすのがオススメです。

2.スキンケアはとにかく優しく
先にも述べたように、肌を強くこすったり叩いたりすると、肌トラブルの原因となります。洗顔の際はたっぷりの泡で撫でるようにすれば十分汚れは落とせます。化粧水も手で顔を包みこむようにゆっくり優しく浸透させていきましょう。

3.正しい食事とストレスを貯めない生活
シミ・そばかすにはビタミンCが効果的です。主に果物や野菜・ナッツ類に多く含まれています。特にナッツ類は肌老化に効果的なポリフェノールも摂れるので、積極的に食事に取り入れましょう。そして、入浴やマッサージなどでリラックスし、その日のストレスを出来るだけ翌日に貯めないようにしましょう。

以上、シミ・そばかすの発生原因と、作らないための対策をご紹介しました。しかし「出来てしまったシミはどうすればいいの?」とお悩みの方も多いと思います。そんな方には、専門医によるシミレーザー治療で根本から取り除くことをオススメします。以前はシミ治療というと患部を切り取る方法しかありませんでしたが、今ではレーザー治療の発達により、低価格で安全に除去できるようになりました。ソノクリニックでも最新式のレーザー治療の他、ケミカルピーリングやフォトRFプロなどの光治療などもあり、症状に合わせて治療法を選んで頂くことができます。シミ・そばかすでお悩みでしたら、一度お気軽にお問合せ下さい。

▼シミ治療の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_shimi/

インナーケアで身体の中も外も健やかで美しく

カテゴリ: 点滴療法

健康志向の高まりから、今では非常に多くのサプリメントが市販されています。栄養不足と感じていたり、体調を気遣った時に頼りたくなるのがサプリメントです。このブログを読まれている方の中にもサプリメントを常用されている方もたくさんいらっしゃることと思います。しかし、サプリメントの効果を実感できているかというと、約半数の人は「良く分からない」と答えていて、効果を実感している人はそれほど多くないのが実情です。
そんな中、注目を集めているのは『点滴療法』。サプリメントに比べ、非常に早く高い効果を得ることが出来ると、美容クリニックだけでなく医療現場でも利用されています。

点滴療法のメリット
サプリメントを経口摂取した場合、いくら大量に摂取しても全てが吸収されるわけではなく、すぐに体外に排泄されてしまいます。ですが、点滴によって体内に直接有効成分を注入することで、確実にすばやく全身に栄養がいきわたるので高い効果が期待できます。また、美肌やアンチエイジング、疲労回復・健康維持、更にはインフルエンザやガン・動脈硬化・パーキンソン病などの予防・改善といった、一人ひとりのニーズや悩みに合わせて、最適なメニューを提案できるのもメリットです。

高濃度総合ビタミン点滴療法
当院でも様々な点滴療法を行っていますが、中でも人気の高いのが『高濃度総合ビタミン点滴療法』。ビタミンB1・B2・B5・B6・ビタミンC・ニコチン酸・L-システイン(ハイチオール)・グリチルリチン酸等、非常に高濃度の栄養素を投与することで、身体が本来持つ免疫力・抗酸化作用・コラーゲン細胞修復能力を強化します。
肌あれや髪のツヤ・コシが気になる方や、慢性的な疲労やストレスを回復したい方には特にオススメ。疲労回復やアンチエイジングに高い効果を発揮します。また、アメリカではさまざまなガンに対する効果が報告されており、副作用の無いガン治療としても注目を集めています。

点滴療法は施術時間は40~60分程度で術後に腫れや傷口の心配もなく、1回の施術でも高い効果を実感できます。価格も5000円~9000円くらいと比較的リーズナブルなので、定期的に点滴を行うことで、より高い効果を得ることができます。継続することで外見の美しさだけでなく内面からも美しく健康になれるのであれば、サプリメントも良いのですが、点滴療法は一石二鳥と言わず三鳥にも四鳥にもなる、非常にお得な治療法と言えます。今回ご紹介した高濃度総合ビタミン点滴療法だけでなく、より美容に特化したものや疲労回復・健康増進に効果的なものまで、様々な種類の点滴をご用意していますので、ご興味があれば是非お気軽にお問合せ下さい。

ヒアルロン酸で、安心・手軽にプチ整形

カテゴリ: ヒアルロン酸

ヒアルロン酸というと、保湿成分として多くの化粧品やサプリメントに配合されていて、美容に関心のある人であれば良く知られた成分です。近年、このヒアルロン酸を使った美容整形が人気なのはご存知でしょうか。低コストで安全、個人差もありますが、半年~一年程度で身体に自然吸収されるのでアレルギーの心配も無いという安全な施術と言えます。ではヒアルロン酸で出来るプチ整形をご紹介します。

そもそもヒアルロン酸って何?
ヒアルロン酸は、人間の皮膚や筋肉・血管など身体の組織を構成する成分の一つです。ネバネバとした粘度の高いゲル状の物質で、保水力と保湿性に優れていて、ヒアルロン酸1gで約6リットルの水分を保つことができると言われています。もともと人間の体内にある成分なのでアレルギーの心配も少なく、医療や美容の分野で広く利用されています。

ヒアルロン酸で鼻を高く
すっと鼻筋の通った顔に憧れを抱いている方は多いですが、以前は鼻を高くしようと思うと、骨を削ったりプロテーゼという人口骨格を埋め込むなど、大掛かりな手術が必要でした。当然リスクもありますし費用も高額になりますが、ヒアルロン酸はそんなデメリットを全て解消します。施術前のカウンセリングで希望を伝え、左右のバランスや骨格を見た上で、最適なデザインを決めます。それから必要な箇所にヒアルロン酸を注射していきます。痛みや腫れもなく、施術は10分ほどで終了します。このように非常に簡単に鼻を高くすることが可能です。

アゴを整え、美しいフェイスラインに
日本人は骨格的にアゴが引っ込んでいることが多く、欧米人に比べのっぺりとした印象になりがちです。そこで、ヒアルロン酸をアゴに注射しアゴの形を整えることで立体感が生まれ、顔が小さく引き締まった感じになります。アゴも隆鼻術と同じく以前は大掛かりな手術が必要でしたが、ヒアルロン注射一本で簡単に理想のフェイスラインを手に入れることができるようになりました。

気になるシワもヒアルロン酸で解消
老化による悩みで最も多いのが「シワ」です。口元のほうれい線や、眉間・額・目じりのシワは、見た目が老けるだけでなく、相手に怖い・厳しい印象を与えてしまいます。そこで、気になる部分にヒアルロン酸を注射することで、深く刻まれたシワの溝を肌の内側から盛上げシワを解消します。

ヒアルロン酸の一番のメリットは、身体にメスを入れないので安全という点です。また施術の痛みや腫れも無いので、施術後すぐに元通りの生活に戻れますし、効果もすぐに実感できるので、メイク感覚で施術を受けることができます。しかし、ヒアルロン酸は半年~一年ほどで身体に吸収されるので、施術のやりなおしが出来るという点ではメリットですが、効果を継続させたい場合は施術を受け続けなければいけないというデメリットもあります。また、アレルギーの心配はほとんどないのですが、信頼できるクリニックを選び、施術前のカウンセリングでは、自分の希望をしっかり伝え、なりたい顔のイメージを医師と共有しましょう。

自分の顔を変えるのは大変勇気がいりますが、ヒアルロン酸はそんな人にピッタリの美容整形の新しい形です。ほんの少しの勇気を持って一歩踏み出せば、きっと明日には今までとは違う自分になれますよ。

春だからこそ注意したい肌トラブル

カテゴリ: ケミカルピーリング肌トラブル

暖かな陽気、心地よい風がそよぐ春は冬や夏に比べると過ごしやすいですよね。しかし、肌にとっては決して過ごしやすい時期ではない事をご存知でしょうか。
「何となく洗顔後の肌のツッパリが気になる」
「化粧水を肌に付けると刺激を感じる」
「ふと顔を触るとゴワゴワやカサカサが…」
「普段通りお手入れしていても肌の調子が悪い」
これらの肌トラブルに身に覚えのある方は要注意。冬が終わり暖かくなったからといってケアを怠っていると、一気に肌ダメージが進行してしまいます。では春の肌ケアはどんな点に注意すれば良いのでしょうか。

①乾燥
冬から春にかけてはまだまだ気温が低いため、汗や皮脂の分泌量が少なくバリア機能が低下し、肌表面はうるおいがなくカサつきやすい状態です。また湿度も春のうちは低い状態が続いています。暖かくなってきたからといって油断していると、肌がすぐにカサカサになってしまいます。

②紫外線
紫外線の最も多い時期というと7・8月と思われる方が多いと思いますが、以外にも5月が最も紫外線量が多い月と言われています。気候的に過ごしやすいので外に出る機会も多いと思いますが、紫外線対策は夏同様、念入りに行うことをオススメします。

③花粉
春は空気が乾燥しているため、ほこりや花粉が多く飛散します。乾燥などにより角質層が乱れていると、花粉がその隙間に入り込みかゆみや炎症を引きおこしやすくなります。また花粉症などによるかゆみで目や鼻をこすることで、周りの皮膚が傷つきますので注意しましょう。

④にきび
春は寒い日もあれば急に暖かくなるなど、天気の入れ替わりが激しい季節です。そのため肌は急な変化に対応できず、肌あれを起こしやすくなります。そんな肌が敏感な状態の時に、皮脂やほこり・花粉による刺激でニキビもできやすくなります。

これだけ聞くと春は肌にとって過酷な季節ですが、良い点もあります。気温が低いと新陳代謝が下がり、肌のターンオーバーがされにくくなりますが、暖かくなると代謝が活発になり、肌サイクルもスムーズに行われる様になります。ですので春の暖かな気候は肌再生に適しています。

上記の問題点に合わせ、乾燥・紫外線対策をしっかり行った上で、古い角質を落とすケミカルピーリンなどもも取り入れると、肌はよりターンオーバーしやすくなります。汚れの溜まった古い角質を取り除き生まれ変わった新しい角質にたっぷり水分を補い油分でふたをすることで、きめの整ったキレイな肌をキープできます。是非一度お試し下さい。

▼ケミカルピーリングの詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_peeling_new/

ソノクリニック 大阪梅田院

ソノクリニック大阪院

ソノクリニック 神戸三宮院

ソノクリニック神戸院
メール相談はこちら