美容皮膚科・美容外科・形成外科・レーザー脱毛・プチ整形 ソノクリニック
大阪梅田院・神戸三宮院

ほくろ・イボ・アザ・ワキガ・痔の治療 健康保険取扱

大阪梅田院 06-4796-5656 神戸三宮院 078-392-5521 ※予約制

スタッフブログ

秋の「ゆらぎ肌」にご注意を!

カテゴリ: 肌トラブル

アナタは「ゆらぎ肌」のことはご存知でしょうか?「何となく肌がカサカサ・ピリピリする」「いつもよりハリがない」など、普段のベストな肌状態と比べ違和感を感じる肌の状態の事を指します。ゆらぎ肌は食事や睡眠やストレスのほか、気温・湿度など、日常生活に起こる様々な変化が要因となります。中でも夏から秋にかけての季節の変わり目に起こるゆらぎ肌には特に注意が必要です。

秋のゆらぎ肌はなぜ怖い?

秋の肌は、夏の間に受けた紫外線や冷房などによって受けたダメージが蓄積した、敏感な時期です。また一日の気温差が一年で一番大きく、その寒暖差に肌がついていけず不調が表面化するのです。

更に秋はブタクサなどの秋花粉が飛散したり、冬ほどではないものの空気の乾燥も進みますので、夏が過ぎたからと言ってスキンケアを怠っていると、慢性的な乾燥やシミ・シワを引き起こしてしまいます。ではゆらぎ肌を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

ゆらぎ肌対策その① スキンケアの見直し

肌の調子が悪い時についやってしまいがちなのは、化粧水やクリームを何種類も付けたり毎日美顔器を使ったりするなどした、いわゆる「やりすぎ美容」。スキンケアを頑張るのはとても良いことなのですが、やりすぎると肌に負担をかけることになり、かえって肌を傷めることになります。それよりも普段のスキンケアの内容を見直すことが重要です。

多くの人が陥りがちなケースとして、夏に使用していた化粧水や乳液をそのまま秋になっても使い続けることがあります。夏は毛穴を引き締めたり汗によるべたつきを抑えるケアが適していますが、秋は低刺激・保湿性の高いコスメを選ぶようにしましょう。

肌が敏感な状態なので出来るだけ肌に負担をかけないシンプルなケアが美肌に導くコツです。

ゆらぎ肌対策その② 生活習慣の見直し

スキンケアと同じくらい重要なのが、睡眠と食事です。秋は昼間は暑くても夜はぐっと冷え込みます。昼間のイメージで夜薄着でいると、身体が冷えてしまい良質な睡眠がとれません。湯船につかるなどしてしっかり身体を温めてから寝るようにすると良いでしょう。

食事はバランス良く食べるのが基本ですが、乳製品やオクラ・山芋などのネバネバ食品に多く含まれるビタミンAやヒアルロン酸を積極的に取り入れるのがオススメです。

秋に多いゆらぎ肌についてご紹介しました。秋は気温も涼しくなり過ごしやすいイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ケアを怠ると一気に肌の老化を引き起こしてしまいますのでご注意下さい。

すぐにゆらぎ肌を何とかしたいとお悩みでしたら、当院でも扱っている「ケミカルピーリング」や「イオン導入」がオススメです。ケミカルピーリングは古くなった角質等を薄く削り取り、皮膚が新しくなりますのでシミ・美白・シワ・タルミ・ニキビ跡と肌トラブル全般に対応出来ます。イオン導入は、塗布だけでは肌の奥まで届きにくい有効成分を、微弱な電流を使って浸透させる施術です。どちらも夏に受けた肌ダメージを一気にケア出来るスペシャルメニューです。

肌に少しでも違和感を覚えたら早め早めにケアすることで、秋ゆらぎに負けないキレイな肌を保ちましょう!

▼ケミカルピーリングの詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_peeling_new/

▼イオン導入の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_ion/

脱毛したい!でもカラダのどこから始めるべき?医師がオススメする、まず始めるべき脱毛部位

カテゴリ: 脱毛

ムダ毛の脱毛は一昔前に比べると随分一般的になりました。レーザーや光脱毛の登場で料金もグッとリーズナブルになったこともあり、若い女性でも気軽に施術できるようになりました。しかし、いざ脱毛したいと思っても身体のどこから始めたらいいのかわからない…という人も多いのではないでしょうか。そこでオススメする脱毛の優先順位とタイプ別の部位の選び方をご紹介します。

脱毛初心者はまずワキから

脱毛するならコンプレックスのある部分からと考えている人も多いかと思いますが、初めて脱毛をする人が、いきなり痛みの感じやすい部位から脱毛をスタートすると、“脱毛=痛い”となってしまい、その後脱毛を続けるのが苦痛になってしまいます。そこでおすすめするのは「ワキ」です。

ワキは比較的痛みを感じにくい部位ですし、女性でワキのムダ毛処理をしたことが無い人はいないのではいかというくらい、ワキを気にする人は多いです。また料金を低価格に設定しているサロンやクリニックは多く、キャンペーンを実施しているところも多いので、初めて脱毛にトライするにはうってつけの箇所と言えます。

目立ちやすい箇所を優先的に

自分ではあまり気が付かないけれど、他人からは意外と目につくのが「ひじ下」と「ひざ」。ワキはこまめに処理をしていても、ひじやひざはついつい忘れていたなんてことはありませんか。冬場は服を着こむので気になりませんが、暖かくなって半袖になった瞬間にムダ毛が気になりだす人も多いようです。
このほかにも手足の「指」もオススメです。手も人から良く見られる部位ですし、せっかくカワイイ指輪やアクセサリーを付けていても、ムダ毛が見えてしまうと台無しです。
またこれらは他の部位に比べ痛みを感じにくいので、初心者でも始めやすい部位です。

慣れてきたらVIOも

ある程度脱毛に慣れてきたらVIOにも挑戦してみましょう。女性の多くがデリケートゾーンのムダ毛を気にしていますが、「恥ずかしい」とか「痛そう」と、初心者が始めるには中々ハードルの高い箇所です。ですのである程度痛みの少ない部位から始めて慣れておくと、VIOも抵抗感なく臨めると思います。またVIOは見た目の美しさだけでなく、衛生面や臭いケアの点からもぜひ脱毛することをオススメします。

タイプ別、脱毛箇所の選び方

普段のライフスタイルのタイプからも、脱毛したい箇所は異なります。
例えばタンクトップやミニスカートなど、いろんな服を着こなしたいオシャレ派の人であれば、まず腕や足の脱毛を最優先しましょう。また見逃しがちですが、背中やうなじもオススメです。
またスポーツが好きなアクティブ派の方であればVIO脱毛がオススメです。上記でも述べたようにデリケートゾーンは蒸れやすく臭いがこもりやすいですし、また身体にフィットした水着を着た時に、ムダ毛がはみ出さないか気になってしまってはせっかくのスポーツも楽しめません。

脱毛の順番に特に決まりはないのですが、まずはワキから脱毛するのがオススメです。それからムダ毛の気になるところや痛みの少ないところなど、あなたなりに優先順位を決めていくと良いでしょう。自己処理を続けると肌を傷つけ肌荒れや黒ずみの原因となりますので、脱毛することで肌の状態が良くなりますし、わずらわしい自己処理の時間から解放されることでより快適な日々を過ごすことができます。

当クリニックでは医療用の脱毛レーザーを使い、痛みが少なく安全で確実な施術が可能ですし、料金も一度に多額の支払いが無い『都度払い』システムを採用していますので金銭的な負担が少なく、単発で試して頂くことも可能です。

もちろんカウンセリングも随時受け付けておりますので、脱毛について疑問やお悩み等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

カサカサお肌にうるおい来たれ!

カテゴリ: 肌トラブル

“秋枯れ肌”に負けないスキンケア

記録的猛暑もひと段落し、ようやく過ごしやすくなってきました。しかし秋口は、肌にとって実はとても注意しなければいけない季節です。夏の間に強烈な日差しやエアコンなどで弱った状態の肌。この時期にしっかりケアをしないと、カサつきやくすみ・ゴワつきなど肌の不調が一気に進んでしまいます。

誰でも知らぬ間に陥ってしまう“秋枯れ肌”

特に不摂生をしているわけでもないのに、秋になると肌の調子が悪くなったと感じたことはありませんか?それは“秋枯れ肌”かもしれません。

・顔全体がカサカサ乾燥している
・目の下のクマが目立ってきた
・くすみが広がって顔色が良くなく化粧ノリも悪い
・毛穴のごわつきや黒ずみが気になる

秋に入ってから上記のような状態に当てはまる人はおそらく“秋枯れ肌”です。女性の約7割はこの秋枯れ肌に悩まされた経験があるとも言われています。では何が原因で秋枯れ肌に陥ってしまうのでしょうか。

秋枯れ肌の原因

①気温・湿度の変化
9月の昼間はまだまだ残暑厳しいですが、夜は一気に冷え込みます。夏に比べ秋は昼夜の寒暖差が大きくなりますし、天候もコロコロ変わります。そんな気候の急激な変化は肌に強いストレスを与えてしまいます。過度なストレスは肌のターンオーバーが正常に働かなくなるので、乾燥や肌荒れの原因となります。また、秋に入ると湿度が一気に低下してきます。ですので過ごしやすい気候になったと油断しているとあっという間に乾燥が進んでしまいます。

②紫外線対策
夏の間は日焼けしないように気をつかっていても、秋になるとそこまで気にしない人も多いのではないでしょうか。しかし、7・8月の紫外線量を10とすると9・10月の紫外線量は7程度と言われています。夏が過ぎたからといってケアがおろそかになると、紫外線をもろに浴びて肌ダメージがより蓄積されてしまいます。

③スキンケア方法
夏の間使っていたさっぱりタイプの化粧水や乳液を、秋に入ってもそのまま使い続けはいませんか?もったいないからと夏と同じスキンケアをしていては、しっかりケアをしているつもりでも実は保湿不足で、肌がどんどん乾燥していくなんてことにもなりかねません。

秋枯れ肌”に負けないスキンケア方法

・保湿を意識したデイリーケア
一番のポイントはやはり保湿です。まずは普段の化粧水や乳液を保湿成分を含んだものやしっとりタイプのものにチェンジしましょう。またデイリーケアに美容オイルを取り入れるのもオススメです。洗顔後の肌にまずオイルを使い優しくマッサージしましょう。オイルで肌を整え柔らかくすることで、その後の化粧水の馴染みも良くなります。そしてケアの最後にもオイルを塗ってフタをすることで保湿成分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥からガードしてくれます。

・スペシャルケアで乾燥知らずの潤い肌に
乾燥がひどい方やすぐにケアしたいという方には、美容クリニックでのスペシャルケアもあります。当院でも人気の“フォトRF”。高周波エネルギーを肌に浸透させる光美肌治療ですが、肌の奥深くにある細胞を活性化させることでターンオーバーが正常化したり、コラーゲンの生成が促進されるなど肌本来の働きが回復し、シミ・シワ・乾燥・ニキビといった様々な肌トラブルを改善できます。その他にも古い角質を除去し美白に導く“ケミカルピーリング”や有効成分を肌内部まで届ける“イオン導入”などといった様々なスペシャルケアがあります。これらを月1回、普段のデイリーケアに取り入れれば、かなり高い効果が得られると思います。

食欲の秋・スポーツの秋など、秋は何かと楽しみの多い季節ですが、過ごしやすい気候だからと甘えていては夏の肌ダメージのツケは帳消しに出来ません。それどころかしばらくすると、肌にとっては更に厳しい冬の季節に突入します。肌トラブルの原因を知りしっかり対策して今のうちに肌を健康な状態に戻すことが、若々しい肌を保つために重要なことです。“秋枯れ肌”に負けない潤い肌を目指しましょう!

毛周期を知ることで、レーザー脱毛の効果がアップ

カテゴリ: 脱毛

当クリニックでもレーザー脱毛治療を扱っていますが、脱毛を希望されている方から寄せられる質問の中で「脱毛完了までにどのくらい時間がかかるのか」「次の施術までにどのくらい期間を開ければいいのか」といった、期間に関する質問が多くあります。脱毛するからには誰だって早く効果を実感したいものです。だからと言って毎日脱毛すれば良いわけではありません。より早くより効果的に脱毛するためには「毛周期」を知ることが一番のポイントになります。

毛周期とは?

毛周期とは“毛が生え変わるサイクル”の事です。毛周期には毛が伸びている「成長期」、もうこれ以上伸びず成長が止まった「退行期」、そして毛が抜け落ち次の毛が生えるまで休憩している状態の「休止期」と大きく分けて3つの段階があり、このサイクルを繰り返しています。実はこの3段階の中でレーザー脱毛に効果があるのは成長期の毛だけなのですが、頭髪以外の部位で成長期の毛が占める割合は、何と20%程しかありません。脱毛するのに時間がかかるのは、1回の施術で全ての毛にレーザーを照射することが出来ないからなのです。また、毛周期は身体の部位によって期間が異なります。そこで、脱毛したい部位の毛周期を知ることが重要になってくるのです。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザー脱毛では、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応し熱を発するレーザーを使用しています。レーザーを照射することでムダ毛の奥の毛根まで届き、レーザーの熱エネルギーが毛母細胞を破壊することでムダ毛が生えてこなくなります。しかし休止期や退行期の毛はメラニン色素が少なく、レーザーを照射してもほとんど効果がありません。

部位別毛周期

ワキ 3~5ヶ月
鼻下・あご 1~2ヶ月
眉毛 3~4ヶ月
VIO 1~2年
腕・足 4~5ヶ月
指 1~2ヶ月
頭 2~3年

上記の期間はあくまで目安で周期には個人差がありますが、部位によって周期がバラバラなのはお分かりいただけると思います。毛周期の長さを測る一つの目安として、太くて伸ばすと長くなる毛は毛周期が長めと言えます。

毛周期を無視した脱毛はNG

「わざわざ毛周期を守らなくてもこまめにレーザー照射すれば早く脱毛できるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、毛周期を無視した脱毛は絶対にしないでください。先に述べたように休止期や退行期にレーザ―を照射してもほとんど脱毛効果が得られないだけではなく、毛穴の奥に前回の熱がまだ残っている可能性もあるので、火傷や肌トラブルのリスクが高まってしまいます。またクリニックに通う回数も増えるので、時間的にも経済的にも大変な負担になります。

「毛周期」の重要性についてお分かりいただけたでしょうか?一般的に次の脱毛を受ける間隔は2・3ヵ月が目安と言われていますが、個人差や部位によっても異なりますので、自分で勝手な判断をせずに、医師のカウンセリングを受けて適切なサイクルで施術することをオススメします。当院では医療機関でのみ扱うことが出来る「ジェントルレーズ脱毛」を採用し安全性・確実性の高い施術が可能ですし、料金も都度払いシステムなので、経済的な負担も少なく済みます。初めての方でしたらカウンセリングも受付けていますので、もし不安な事や質問等あればお気軽にお問合せ下さい。

▼医療用レーザー脱毛の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_depilation/

永久脱毛は“永久”じゃない!? 意外と知らない脱毛のこと

カテゴリ: 脱毛

『永久脱毛』と聞くとみなさん何をイメージしますか?一生毛の生えてこないツルツルの状態を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし残念ながら永久脱毛は永久に毛が生えてこないことではありません。そして永久脱毛は医療機関でしか受けることができないって知っていましたか?
知ってるようで意外と知らない、脱毛に関するアレコレをご紹介します。

永久脱毛の定義

上記でも述べた通り、永久脱毛は一生毛が生えてこないことではありません。ですが、実は日本では永久脱毛の決まった定義がありません。そのため、アメリカの政府機関であるFDA(日本の厚生労働省のような機関)が決めた定義を適用することが多いです。それによると
『脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている』
状態の事を永久脱毛と定義しています。日本でもレーザー脱毛やニードル脱毛、光脱毛に脱毛器を使った自己処理など、様々な脱毛の方法がありますが、この定義に該当するのはレーザー脱毛かニードル脱毛しかなく、これらは専門の医師がいる医療機関でしか受けることが出来ません。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

現在の脱毛の主流は『レーザー脱毛』と『光脱毛』の2つです。
光脱毛は主に専門の脱毛サロンやエステサロンで受けることができます。安いサロンでは1回100円という激安価格を謳っているところもあるので若い女性を中心に人気ですが、レーザー脱毛に比べると脱毛効果は弱いので何回も施術を受けなければならないのと、毛の再生率が高いのがデメリットと言えます。
一方レーザー脱毛は専門医だけが扱うことを許されている医療脱毛を使った医療行為に該当します。当然脱毛効果の威力は、サロンの光脱毛に比べると段違いに強いのが特徴です。施術回数は光脱毛の半分以下で済みますし、濃くて太い毛や男性のヒゲにも効果を発揮します。もちろん長期間の脱毛効果も期待できます。そして、医療機関で施術を行いますので、万が一肌トラブルが起きてしまった場合、すぐに対応してもらえるのもメリットと言えます。

当院でも安全で効果の高い医療レーザー“ジェントルレーズ”脱毛を採用しています。一般的なレーザーに比べ威力はそのままに広範囲に照射出来るので施術時間が短時間で済みますし、レーザーを照射すると同時に毛穴が収縮するので、自己処理を繰り返すことで出来てしまったブツブツ毛穴をケアすることもできます。個人差はありますが、1.5〜2ヶ月に1回のペースで4~6回施術を受けることで、いわゆる一般的にイメージしている永久脱毛に近い状態になります。

冒頭でもお伝えしたように、永久脱毛は完全にムダ毛が生えてこないわけではありません。ですが、医療レーザー脱毛や光脱毛でも時間をかければ長くキレイな状態を保つことができます。むしろ「永久脱毛できます」と声高に謳っているサロンには注意が必要です。
脱毛をする際は、正しい知識を身に付けた上で自分にあった脱毛方法を選んで下さい。無料のカウンセリングを受けられるサロンやクリニックも多いので、不安に思う事や疑問・質問等あれば何でも聞いてクリアにしておくことをオススメします。自分の身体の事なので、安易に決めずよく考えた上で選ぶようにしましょう。

▼医療用レーザー脱毛の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_depilation/

ソノクリニック 大阪梅田院

ソノクリニック大阪院

ソノクリニック 神戸三宮院

ソノクリニック神戸院