美容外科・形成外科・皮膚科・レーザー脱毛・プチ整形 ソノクリニック
大阪梅田院・神戸三宮院

ほくろ・イボ・アザ・ワキガ・痔の治療 健康保険取扱

大阪梅田院 06-4796-5656 神戸三宮院 078-392-5521 ※予約制

btn_counsering
スタッフブログ

『夏ニキビ』に注意!

カテゴリ: ニキビ

知らないとこわい夏ニキビのメカニズム
ニキビはいつ出来ても嫌なものですが、夏は肌の露出も多く、顔はもちろん、二の腕や背中・胸元などにニキビができてしまうと、せっかくの夏ファッションも台無しです。他の季節ではさほど気にならないのに、夏になるとニキビが増える・悪化するという方はいませんか。
「夏は汗をよくかくから、汗をかかない涼しいところにいたら問題ないでしょ?」
なんて考えていたら、それは間違いです。間違った知識のままでいると、ニキビは治るどころか、さらに悪化してしまいかねません。なぜ夏ニキビは悪化してしまうのか?正しい知識を身に付けて、これからの季節を乗り切りましょう。

夏ニキビの原因

①乾燥
じめじめした夏で乾燥と言ってもいまいちピンと来ないかもしれませんが、ポイントは『肌のバリア機能』。バリア機能が正常であれば、肌内部の水分が保たれみずみずしい肌を維持できますが、夏の強い日差しによる紫外線や、エアコンによる乾燥などの刺激によって肌がダメージを受けるとバリア効果が低下し、肌内部の水分が蒸発していきます。また、冷房による冷えは血行を悪くし、自律神経が乱れ、肌だけでなく体調を壊す原因にもなってしまいます。

②皮脂の過剰分泌
肌が乾燥すると、私たちの体は肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまいます。そうして皮脂が必要以上に分泌されると、余分な皮脂が毛穴に詰まって酸化し、ニキビの原因菌が繁殖し、炎症を起こしやすい肌環境になってしまいます。

③過剰な洗顔
「毎日洗顔しているのになぜかニキビが減らない(増える)」という人は、洗顔のしすぎが原因かもしれません。皮脂は本来肌を守るもの。それを「べたべたして気持ち悪い」「ニキビの原因になるから」と言って、1日に何度も洗顔をすると、本来必要な分の皮脂も取り去ってしまい、それを補おうとより皮脂を分泌するといった悪循環を引き起こしてしまいます。また、皮脂の無くなった肌は無防備な赤ちゃんのようなもの。その状態で紫外線やエアコンの刺激を受けると、さらにニキビが悪化してしまうことになります。

正しい夏ニキビのケア方法

では、夏ニキビのケアにはどういったことに注意すれば良いのでしょうか?
紫外線&冷房対策
紫外線対策の基本は日焼け止めクリームですが、出来るだけ肌に負担をかけないものを選びましょう。また日傘や帽子、UV機能付きの衣類も有効です。汗をかいたらできるだけこまめにふき取り、常にお肌を清潔にするように心がけましょう。冷房対策としては、家の中では出来るだけ冷房を高めに設定したり、外出する際は上着を持って行くなどして冷気が直接肌にあたらないようにしましょう。また、生姜や唐辛子・根菜類など身体を温める食品を積極的に摂るのも効果的です。

保湿ケア
洗顔の際は水を使いましょう。ぬるま湯の方が汚れはよく落ちるのですが、皮脂を落としすぎるので乾燥しやすくなります。また、朝の洗顔も石鹸や洗顔フォームは使わず、水だけにしてみてることをオススメします。水を使えば毛穴を引き締めることもできるのでメイク崩れの防止にもなります。またスキンケアには「収れん化粧水」がオススメです。夏場に開きがちな毛穴を引き締めるとともに、皮脂の分泌をコントロールする役割があります。

今回ご紹介した『夏ニキビ』。正しいケア方法を知っていないと、良かれと思ってやっていた事が、よりニキビを悪化させることになってしまいかねません。ニキビをそのままにしておくと、シミの原因にもなってしまいますので、たかがニキビと思って侮っていると、大変なことになってしまいます。この先何年・何十年と美しくキレイな肌でいるためにも、手間かもしれませんが正しいケア方法を是非実践していただきたいものです。

しかしすぐにニキビを治したい方や中々治らないという方は、当院でも症状に合わせて様々なニキビ治療を行っています。ホームケアではケアしきれない重症化したニキビやデコボコになってしまったニキビ跡など、専門医ならではの施術で、今あるニキビを取り除きニキビができにくい肌へと導きます。ニキビでお悩みでしたら、お気軽にお問合せ下さい。

▼ニキビ治療の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_nikibi/

初めてのピアスで後悔しないために

カテゴリ: ピアス

女性だけでなく男性の間でも、ピアスはオシャレアイテムとして定着しています。学生時代にピアスを開けた人の話を聞くと、お金がないという理由で「自分で安全ピンを使って・・・」という人もいますが、これは絶対にオススメ出来ません。自分で穴を開けてしまうと、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。「ピアス穴は塞がるから、またやりなおせばいいんじゃないの」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一度起こったトラブルは一生残ってしまう事もあります。そうならないためにも、専門医に任せることを強くオススメします。

自分でピアス穴を開けると怒りやすいトラブル

ピアスかぶれ
不衛生な状況で穴をあけると、そこから細菌が入り込み化膿や炎症が起こりやすくなります。重症化してから来院するケースも多く、そうなると完治までに時間がかかってしまいます。

耳垂裂(じすいれつ)
ピアスホールを開ける場所が耳の際だったり、重いものや極太のピアスを無理やり開けると、穴が裂けたり破れることがあります。通常ピアス穴は何もせずに放置すると穴が塞がりますが、一度裂けてしまった耳たぶは元に戻りません。

埋没
キャッチをきつく締めつけたり押し込んだりしすぎると、ピアスヘッドやキャッチが皮膚に埋没してしまうことがあります。万が一埋没してしまったら、外科手術で耳たぶを切開して取り除くしか治す方法がありません。

このほかにも、金属アレルギーやピアスホールのしこりなど、セルフピアッシングでは様々なトラブルを引き起こす可能性があります。こうしたトラブルを防ぐためにも、アフターケアも万全な医療機関でのピアッシングをオススメします。

どこで受けられる?上手な病院の選び方は?

ピアッシングは主に【皮膚科・耳鼻咽喉科・美容外科】で受けられますが、あくまで医療行為ではないので、保険適用外なのと、病院によっては施術を行っていなかったり、価格にもばらつきがあるので事前に電話などで確認してください。病院を選ぶ際は、正しい知識としっかりした技術を持っているかが大前提です。病院によっては、ピアスが斜めに開けられてしまうなど失敗した事例もあるそうです。ピアッシングの実績や知識がしっかりしているか、医療資格を持つ医師によって施術されるかどうかも、ホームページや電話でチェックしておきましょう。

とはいえ、専門医によって正しくピアスを開けたとしても、ピアスホールが化膿したり、痛みを感じたりする可能性は全くゼロとはいえません。医療機関であれば、施術後にトラブルが起きたとしても、相談を受け付けてもらえるので安心ですし、そう言った意味でも医療機関で開ける方が、リスクを限りなく抑えることができます。

初めてのピアスは何かと不安に思うことも多いですが、正しい知識を持ってケアすれば特に問題ありません。ピアスを開けると運気が変わるという話がありますが、確かに今まで出来なかったおしゃれの幅が広がり、またひと味違った自分になれる気がするものです。初めてのピアスを後悔しないためにも、プロによる施術と正しいアフターケア方法で、新しい自分を楽しんで下さい。

みんな気になるワキ脱毛アレコレ

カテゴリ: 脱毛

この季節になると必ず話題に上るのがムダ毛問題。特にワキ毛については、多くの脱毛サロンで夏に向けた激安キャンペーンを用意するなど、関心度の高さがうかがえます。女性なら誰しもが気になるワキ脱毛ですが、
そもそもなぜワキの脱毛をするのか?
脱毛するメリットは?
失敗しないお店選びは?など、
様々な疑問や質問があると思います。そこで、普段なかなか人には聞けないワキ脱毛のアレコレをお伝えします。

ワキのムダ毛は男性不人気No.1

ムダ毛と言うと腕や脚・顔など様々ですが、男性アンケートで女性のムダ毛で一番気になるのはダントツでワキ毛だそうです。「男性は女性に比べてムダ毛を気にしないのでは?」という意見もありますが、口にしないだけで意外と男性は女性のムダ毛を気にしていますし、それが好きな人や彼女であればショックは倍増です。しかし他の部位に比べ、なぜワキ毛が目立ってしまうのでしょうか?

ワキ毛の特徴は太くて濃い毛
ワキには濃くて太い毛が生えてきます。そのため腕や脚に比べ剃り残しや剃り跡が目につきやすいのが問題です。しかしなぜワキには太くて濃い毛が生えてくるのでしょうか。それは、ワキ毛は、身体の成長と共に生えてくる「性毛」と呼ばれる種類の毛だからです。男性であればヒゲや胸毛も「性毛」ですが、いづれも太くて濃い毛が生えてくるのが特徴です。

自己処理するなら「剃る」か「抜く」かどっちがいい?

ワキのお手入れ方法で一番多いのは自己処理ですが、よく「剃るか抜くかどちらが良いですか?」という質問を受けます。結論から言うとどちらもあまりオススメしませんが、どちらかと言われれば剃る方がマシです。それはなぜかというと、カミソリでの処理は毛だけでなく、肌の表面も傷つけてしまい乾燥や炎症の原因になりますが、まだ表面だけなので傷は浅くて済みます。ですが、毛抜きや脱毛器で抜くと、毛穴へのダメージが強く、炎症だけでなく埋没毛や色素沈着と言った肌トラブルの危険性が高まります。ですので、家庭で自己処理する場合は、出来るだけ肌に負担がかからないようにシェービングジェルやたっぷりの泡で肌をガードしながら、カミソリで優しく剃るようにしましょう。

失敗しない脱毛クリニックの選び方は?

あなたが脱毛に関してクリニックやサロンを選ぶ際、何を重視しますか?優先順位は人それぞれあると思いますが、あとあと後悔しないためにも、以下のポイントは是非押さえて頂きたいと思います。

・実績と資格
いくら最新の機器を導入していても、それを扱うのは人間です。出来るだけ脱毛の症例数が多い美容皮膚科や、クリニックの方が安全です。ホームぺージに実績や資格を載せていれば比較的信頼できると思います。

明確な料金設定
脱毛は一回で終わるものではありません。複数回通う必要があるので、料金体系はしっかり把握しておきましょう。部位による料金の違いや、セット料金の有無、また施術以外にジェル代や薬、スキンケア商品などの追加料金がかかるのか、料金を把握した上でクリニックやサロン選びをすれば、無駄な出費を抑えることができます。

丁寧なカウンセリング
カウンセリングの時の対応で、その店が信頼できるかがほぼわかります。受け答えがあいまいなクリニックは避けた方が無難です。無料カウンセリングを実施しているところもあるので、まずはカウンセリングを受けて、十分納得した上で判断しましょう。

ワキ脱毛についてご紹介しましたが、脱毛は今や自分をキレイに見せるだけでなく、身だしなみやエチケットとしてとらえられるようになりました。クリニックによるワキ脱毛も以前に比べ値段もぐっと安くなっているので、もしまだ自己処理で頑張っているなら、専門クリニックでの脱毛をオススメします。当院でもワキ脱毛は人気のメニュー。もし今回紹介した以外にもご質問等あればお気軽にお問合せ下さい。

ニキビ治療は根本から解決しましょう

カテゴリ: ニキビ

ニキビと言うと思春期のものと言うイメージがありますが、実は大人ニキビの方が厄介で治りにくいものです。思春期の頃のニキビは過剰な皮脂分泌が原因とされていますが、大人ニキビはストレス・睡眠不足・便秘・食生活・生理不順・喫煙・肌の乾燥・メイク汚れなど様々な原因が複雑に関係していて、「顔中にニキビが…」「治ったと思ったのに、また出てきてる…」「洗顔しても治らない」「同じところに何回も出てくる」など、同じところに何度もできたり、治ったと思ってもまたすぐに再発するのが特徴です。そんな大人ニキビを完治するには原因を根本から解決しないといけません。

専門医オススメのニキビ治療

内服薬治療
多くの人が“ニキビは皮脂の過剰分泌によって発生する”と誤解していますが、大人ニキビの根本原因は、生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンの過剰分泌状態が続くことにあります。そこで女性ホルモンを配合した薬や、症状に合わせてビタミン剤や抗生物質を服用し、ホルモンバランスを正常な状態へと導きます。

外用薬治療
ダラシンゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲル、ゼビアックスローションなど症状に合わせて処方した軟膏を用いて、患部を重点的に治療します。内服薬と併用することで、より早く高い効果が期待できます。

光治療
肌の奥(真皮層)まで届く高周波エネルギー「RF(Radio Frequency)」と光エネルギーを照射することで肌細胞を活性化させ、ニキビに負けにくい肌を作る効果があります。またこの光エネルギーはコラーゲン生成や皮膚のターンオーバーも促進させる効果があるため、ニキビ跡の凹凸やシミも改善させる画期的な治療法と言えます。

ケミカルピーリング
酸性の薬液を使い新陳代謝を遅らせる古い角質を除去し、新しく健康な肌が生まれるのを助ける治療法です。皮膚が新しくなりますのでニキビ跡の他、シミ・美白・シワ・タルミなど、さまざまな肌トラブルにも効果的です。

今回ご紹介した治療法の他にも、毛穴クリーニングやレーザー治療、点滴治療など、様々な治療法が存在します。どれか1つだけでも効果はありますが、光治療とケミカルピーリングといった具合に、複数を組み合わせることでより効果が高まりますので、是非専門の皮膚科やクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。しかしニキビは日ごろからのセルフケアも重要。正しいお手入れ方法はもちろんですが、使用する化粧品もニキビケアに効果的なものを選んだり、食生活や睡眠・ストレスにも気を遣いたいものです。出来てしまったニキビは専門医で根本治療をし、治ってからは次のニキビができないように正しいケアで予防する。これこそがニキビケアの最も有効な手段と言えます。

見落としがちな春のUV対策と肌ケア

カテゴリ: UVケア


気温も上がり、過ごしやすい季節にり服装も薄着になってきますが、この時期特に気を付けたいのが春の紫外線。UV対策というと「夏に行うもの」と考えている方が多いと思いますが、春の紫外線量は残暑厳しい9月とほぼ同じなのです。ぽかぽか陽気に誘われて散歩をすることもあるかと思いますが、UV対策を全くせずに外出して、気が付いたら肌はぼろぼろ…なんてことにもなりかねません。そこで、春から実践したいUV対策と肌ケアをご紹介します。

UV対策

①日焼け止めクリーム
UV対策において日焼け止めクリームは必須です。特に、常に紫外線にさらされているTゾーンや目元・首筋・あごなど、顔周りは意識して念入りに塗るようにしましょう。ちなみに、日焼け止めクリームに記載されている「SPF」や「PA」ですが、どちらも紫外線をカットしてくれる基準で、数値が高いほど効果も大きいですが、その分肌への負担も大きくなります。室内で家事や仕事をしたり、近所まで買い物に行く程度ならSPF15~20、PA++くらいのもの、長時間の外出や紫外線を直接浴びる場所(海・山)へおでかけする場合はSPF30のものを使いましょう。そして、こまめに塗りなおすことをオススメします。日焼け止めクリームの効果は一日中続くものではありませんので、こまめに塗りなおすことで効果が持続します。

②紫外線対策グッズ
最近は様々なUV対策グッズも市販されていて、それらを利用するのもオススメです。定番の日傘やつばの広い帽子のほか、腕や首回り専用の衣類。また生地に紫外線を遮断するものもあります。日焼け止めクリームと併用すれば効果も倍増します。

肌ケア

【春の肌状態】
春は気温も暖かく過ごしやすい時期と思われがちですが、肌にとってはまだまだ過酷な時期と言えます。春は日中と夜の気温差が激しく、肌の水分と油分のバランスが崩れ吹き出物ができやすくなります。また3~5月頃はまだまだ湿度も低いので、乾燥による肌荒れ、さらに花粉による刺激も肌にダメージを与えます。

【春の肌ケアポイント】
春のスキンケアで重視したいのは紫外線と乾燥です。たっぷりの化粧水と美容液でお肌を潤したあとは、水分が蒸発しないようにオイル又はオイル系クリームで保護するのがオススメです。春先は各メーカーから夏に向けて新商品が登場する時期なので、さっぱり系の商品を使いがちですが、この時期は冬と同じくらいの乾燥ケアを意識しましょう。前述で挙げましたが、UVケアも忘れないでください。

暖かくなるとついつい気持ちも緩みがちですが、気温と感想や紫外線量は関係ありませんので、正しい知識を身に付けて、正しいスキンケアを心がけたいものです。この時期のケアで5年後・10年後の肌に差が出てくるので、みなさん頑張ってケアしましょう!

ソノクリニック 大阪梅田院

ソノクリニック大阪院

ソノクリニック 神戸三宮院

ソノクリニック神戸院
メール相談はこちら