美容外科・形成外科・皮膚科・レーザー脱毛・プチ整形 ソノクリニック
大阪梅田院・神戸三宮院

ほくろ・イボ・アザ・ワキガ・痔の治療 健康保険取扱

大阪梅田院 06-4796-5656 神戸三宮院 078-392-5521 ※予約制

btn_counsering
スタッフブログ

プラセンタ注射で劇的アンチエイジング

カテゴリ: プラセンタ

1611_anchi

「最近疲れやすい」「お手入れしていても肌荒れやシワが気になる」といった体の不調が続いているという方はいませんか。そんな方にオススメしたいのが「プラセンタ」。美容に詳しい方であれば耳にしたことがあるかもしれませんが、まだまだ認知度の低いプラセンタ。しかしこのプラセンタの高い美容効果に近年注目が集まっています。今回はそんな「プラセンタ」の中でも特に効果の高いプラセンタ注射についてご紹介します。

プラセンタとは?

そもそもプラセンタとは英語で「胎盤」を意味します。哺乳類の胎盤から有効成分を抽出したエキスのことを、一般的に「プラセンタ」と呼んでいます。

母体と胎児を結ぶ胎盤には、身体を形作るのに必要なアミノ酸やタンパク質・脂質・糖質などの他、身体の働きを活発にするビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった栄養素、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、胎児の成長に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。それらをへその緒を通じて赤ちゃんが成長するのに必要な酸素と共に送っていますが、人間で言うと1個の受精卵をわずか10ヶ月で約3000gの赤ちゃんに育て上げる程の栄養が詰まっている、驚異の臓器と言えます。

プラセンタの特徴

プラセンタの最大の特徴は、「自然治癒力」を増大させることです。それにより肌のハリのもとであるコラーゲンの再生を助ける作用があります。細胞の分裂速度が速まり、全身の組織、臓器、肌を若返らせる効果もあります。また、血液やリンパの流れを促進し、新陳代謝が活発になります。そのほかにも血行促進して冷え性・肩こり・腰痛・関節痛の改善、自律神経を調整し疲労回復、免疫機能を高め病気になりにくいからだ作りや、抗炎症作用によってアトピーやニキビが改善するといった、様々な効果が期待できます。

プラセンタ注射

プラセンタの摂取方法には、注射・経口・塗布の3パターンがありますが、一番手軽なのはサプリメントの経口摂取。今ならドラッグストアで簡単に手に入れることができますし、とにかく手軽などがメリット。サプリメントを購入する際は、ネット情報やドラックストアの薬剤師などにも相談して選ぶと良いかもしれません。

塗布はプラセンタパック。プラセンタ薬をたっぷり含ませたマスクを顔にぴったりあて、その上から密封療法を導入することで成分の浸透率が上がり、皮膚の代謝を促進します。施術後すぐにツルツル感を実感できます。特に乾燥肌には非常に効果的で保湿力がアップします。

そしてプラセンタ注射。体内に直接投与するので、無駄なく効率的にプラセンタを取り込み、吸収率が高く即効性もあります。早い人では、注射を打ったその日に体がぽかぽかし始めた、翌日の目覚めが良かった、朝の肌の調子が全然違ったなどという声も多く聞きます。1回でも効果は出ますが、より確実に効果を実感するのであれば、最初の1ヶ月は週2回程度、その後は週1回程度継続して注射を打つのが理想的です。

いかがでしょうか。正に夢のような薬ともいえるプラセンタ注射ですが、唯一デメリットと言えるのが、1度でもヒト胎盤由来製剤のプラセンタ注射を打つと献血ができないということです。プラセンタ注射自体は特に危険はありませんが、感染症のリスクがゼロとは言い切れないので、念のための措置として禁止しています。しかしプラセンタ注射の薬剤は厚生労働省から認可される程のものなので、安全管理は徹底されていますし、注射をして健康被害が出たという報告はありませんので、その点は安心していただいて大丈夫です。それでも献血出来なくなることが不安な場合は、サプリメントを摂取するのみにするか、気軽にクリニックにお問い合わせ下さい。

その老け顔には理由がある

カテゴリ: アンチエイジング

友達や同僚、家族に「最近老けた?」と言われたり、初めて会う人に実年齢よりも老けて見られてしまう経験はありませんか?男性でしたら「老け顔」の方が落ち着いた印象を与えたり、信頼されやすかったりするので、必ずしもすべてが悪いという事はありませんが、やはり誰でも若々しく見られたいのが本音でしょうし、女性でしたらなおさら若く美しく見られたいものです。そこで今回は、老け顔に見えてしまう人とそうでない人との違いはどこにあるのか、老け顔を改善し若々しく見せるにはどうすればよいのかをご紹介します。

1611_fukegao

シワについて

老け顔に見える一番の要因と言ってもいいのがシワやたるみ。

例えば若い女性の顔の、目じりや眉間に線を一本入れるだけでも、途端に老けた印象を与えてしまいます。シワには大きく2種類あり、額や目じり・口もとなど加齢によってできる大きなシワ(真皮性シワ)と、紫外線や乾燥によって目の周りにできるちりめん状の細かいシワ(表皮性シワ)があります。特に注意したいのが表皮性シワ。こちらは加齢に関係なく若い人でも現れることがありますし、放置すると大ジワ~小ジワの原因にもなりますが、早急にケアをすると改善することができます。若いから大丈夫と言ってお手入れを怠るのではなく、こまめなケアを心がけましょう。

→シワの改善方法
シワケアの一番のポイントは保湿ケア。日ごろから水分を摂るようにしましょう(理想は1日2リットル)。洗顔後のケアも、単に化粧水・保湿クリームを塗るのではなく、クリームを塗るときに一緒にマッサージも組み合わせると、保湿成分がより肌に浸透しやすくなるとともに、マッサージによって血のめぐりも良くなります。あとオススメなのがボトックス注射。ボトックスはポツリヌス菌から作られた薬で、筋肉の動きを弱めシワができにくい状態にする効果がありますが、これをシワの気になる部分に注射するだけで表皮シワだけでなく真皮シワを消すことができます。また、施術時間は10分ほどで、メスを使う切開施術ではないのでダウンタイムがほぼ無く安全なのも利点です。効果が持続するのは3~6ヶ月ほどですが、簡単に確実にシワを消したいという方には最も効果的な方法と言えます。

たるみについて

肌にハリがなくまぶたや頬がたるんでしまうことも、見た目年齢を上げてしまう大きな要因です。しかし一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。加齢や生活習慣・紫外線などによって肌の弾力が低下したり、表情筋の衰えの他、最近ではスマホの使い過ぎやデスクワークによる猫背・姿勢の悪さから、首の後ろ側が縮み首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。結果、20代でもたるみやほうれい線に悩む人が増えてきています。

→たるみ改善法
たるみに限らず、美肌を保つ上で食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、フェイスマッサージなどのケアをすることでたるみを改善することができます。マッサージがめんどくさいという方は、毎日できるだけ笑うようにしましょう。笑うことで表情筋を使うので、自然と顔のエクササイズになります。毎日無表情でスマホばかり眺めているのではなく、出来るだけ上を向いて表情豊かでいることが、たるみ改善にもつながるのです。

今回「老け顔」について主にシワとたるみについてご紹介しましたが、他にも髪の毛にツヤがない、地味な色合いの服を着ている、男性であれば髭が濃いetc…老け顔になってしまう要素は複数あります。毎日の肌ケアで防止・改善するとともに、気持ちでも若くキレイでいようと意識を持つことによって、内面・外面のダブルでアンチエイジングに励んでいただきたいものです。

脱毛のベストシーズンはいつ?

カテゴリ: 脱毛

女性なら誰でも気になる「脱毛」。
全身脱毛無料体験や初回無料といったエステなどの脱毛キャンペーンを年中街中で見かけるほど、手頃な料金で通いやすくなりました。美容外科などで行う医療レーザ脱毛も利用しやすい価格で、しかも安全性が高く脱毛効果が高いのはご存知だとはおもいますが、いつから始めるのが良いのでしょうか。いくら料金が安くなったとはいえ、どうせなら最適な時期に初めて、より効果的に脱毛したいものですよね。必ずしもこの時期が絶対ということはないのですが、それぞれの季節によるメリット・デメリットをご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

秋~冬

オススメしているのは秋~冬にかけてです。
脱毛というと、肌の露出が増える夏に行うイメージがありますが、脱毛は一回で終わりではありません。完全に脱毛するためには、毛周期という毛の生え換わる時期に合わせて処置を行わなければなりません。その人や脱毛の部位にもよりますが、自己処理が必要なくなるまでには数回、間隔を開けなければいけないので、脱毛の効果を実感するには、少なくとも数ヶ月は必要になります。仮に9月から脱毛を始めたとしたら、来年の5・6月にはムダ毛のないきれいな肌で過ごすことが可能になります。ですので、夏にムダ毛の無い肌で過ごすためには、前の年の秋に脱毛を行うのがベストと言えます。また、冬場は肌の露出が少なくなると脱毛に対する意識も低くなるので、脱毛を行う人が減ります。美容外科などでは脱毛の需要が減る冬は、キャンペーンなどもあり、予約がとりやすいのもメリットです。
しかし、デメリットもあります。9月はまだ紫外線も多く、日焼けしやすいので、脱毛直後は特に日焼けしないように注意しましょう。また、冬場は厚着になる分、脱毛した部分が汗で蒸れたり熱がこもってしまうなど、肌に負担をかけないのでオススメです。

1610_datsumo

春~夏

春は乾燥や日焼けなどの肌の状態を気にする必要が無いのがメリットです。また、春~夏が脱毛のハイシーズンになるので、キャンペーンなどを利用して、お得に脱毛を始めることができます。
この時期のデメリットとして一番注意したいのが紫外線。脱毛後ももちろんですが、脱毛前も日焼けをしていると、治療を受けることができません。また、先にも挙げたように脱毛は1回で終わりではありませんので、その年の夏は自己処理が必要になってきます。

いかがでしょうか?
季節によってそれぞれメリット・デメリットはありますが、夏に向けて準備をするのであれば、秋に通い始めるのがベストかと思います。しかし、脱毛には時間がかかるので、夏に間に合わないからと言って先延ばしにするのではなく、通いたいと思った時に通い始めるのも一つです。冬場であってもツルツルのキレイな肌が手に入ればテンションも上がりますし、夏だけでなく、クリスマスやバレンタインデー・誕生日といった大事なイベントの時にも、キレイなアナタで迎えることができます。

いずれにせよすぐに完全な脱毛は出来ないので、ギリギリになってあわてなくてもいいように時間に余裕を見て受けられることをオススメします。

イオン導入でめざせ-5歳肌

カテゴリ: イオン導入

『イオン導入』という言葉をご存知でしょうか?
最近様々なメーカーから家庭用の美顔器が発売されるようになり、その機能の一つにイオン導入が付いていることもあり、目にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。「イオン」というと、なんとなく肌によさそうなイメージがありますが、実際にイオン導入はどういうもので、肌にどんな効果をもたらすのかをご紹介致します。

1609_ion

イオン導入の仕組み

肌に塗布しただけでは浸透しにくい、有効成分(ビタミンC・プラセンタ他)を微弱な電流を流すことで肌の最深部までダイレクトに浸透させることができる美容法です。
元来、人間の皮膚には電気的バリア機能があり、どんな美容成分も角質層より奥には浸透しないようになっています。そこで微弱電流を流すことで、有効成分をイオン化し、体内に存在する対極のイオンを皮膚にあつめます。イオンは対極イオンと結び付きやすく、皮膚の+イオンと-イオン導入器で-イオンを帯びた有効成分が結びついて、肌の奥へと浸透させるという仕組みです。

肌の悩み別、選べる美容成分

イオン導入は、導入材に含まれる美容成分をイオン化し肌の奥まで浸透させる方法なので、電流を通しにくい油分を含んだクリームは導入材には向きません。水溶性の美容成分(化粧水)が向いています。ではどのような美容成分があるのでしょうか。

・トラネキサム酸
メラニンの生成を抑制し、炎症などを抑える作用があります。肌荒れやシミ・そばかすの改善効果のほか、肝斑にも有効です。

・ビタミンC
ニキビなどの炎症を抑え皮膚の再生を促します。シミや肌のくすみに効果があり、美白作用もあります。

・プラセンタ
コラーゲンの生成を促し肌のハリや弾力をキープするとともにシワにも効果的。また、保湿・美白にも高い効果があります。

イオン導入は、普通に手やコットンで肌に塗布するのに比べて、約30~40倍も浸透力が高いといわれています。また、痛みや刺激が少なく「針を使わない注射」と言われるほど安全な方法です。冒頭でも触れていますが、最近では市販のイオン導入機能の付いた美顔器も売られるようになり、ご家庭でも気軽にできるのは魅力ですね。もちろんクリニックでは、肌の悩みに合わせ導入材を使い分けたり、ケミカルピーリングや光美肌治療など、他の施術と組み合わせることで、より高い効果を実感することができます。シミ・シワが気になる方はもちろん、肌のざらつきや毛穴の開きが気になる方には特にオススメ。比較的コストも安く、気軽に安全にできるイオン導入で、-5歳肌を目指しませんか。

用途に合ったレーザーを使い分けシミを撃退!

カテゴリ: シミレーザー治療

ふと鏡を見ると今まで無かったところにシミが!?女性の大敵であるシミですが、一口にシミと言っても様々な種類があるのをご存じでしょうか。今ではレーザー治療の進歩により、シミの種類に応じ、様々なレーザーで治療できるようになりました。今回はシミの種類と、そのシミに適したレーザー治療をご紹介したいと思います。

1608_shimi2

シミの種類

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
シミと言われるものの多くは老人性色素斑に分類されます。顔や手の甲などに出来る円形の茶褐色のシミ。紫外線や皮膚の老化によって新陳代謝が衰えることが原因です。老人性と付いていますが、早い人なら20代後半から現れる人もいます。症状が進行すると脂漏性角化症になることもあります。

・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
老人性いぼとも呼ばれる腫瘍で、老人性色素斑よりも黒く全身に現れます。放っておくと面積が少しずつ大きくなり、形状が大きく隆起することもあります。小さいうちに除去してしまえば何の問題もないので、お早めの治療をお勧めします。場合によっては保険取扱になるので、詳しくはクリニックに問い合わせてください。

・扁平母斑(茶あざ)
カフェオレスポット・カフェオレ斑とも言われるコーヒー色をしたシミのことです。薄茶色でほくろのような盛り上がりは無く、顔や体に出来ます。先天性のものと、思春期を過ぎてからできる後天性のものがありますが、どちらも自然に無くなる事はありません。扁平母斑についても保険が適用されます。

・肝斑
30~40代にかけて発症することが多く、頬骨の周りや額など、左右対称にもやもやと広がるシミのことです。原因はまだよくわかっていませんが、妊娠やピルの服用などによって引き起こされることがあるので、女性ホルモンが関係していると言われています。

レーザー治療の種類

・Qスイッチレーザー
Qスイッチレーザーには、3つの種類があります。
Qスイッチルビーレーザー
QスイッチNd:YAGレーザー
Qスイッチアレキサンドライトレーザー
3種類とも肌表面を切り取らず、内部にあるメラニン色素細胞だけを破壊できるので、シミ・あざ・ソバカスなど幅広く対応できますが、ルビーレーザーは茶色、ネオジウムYAGは赤、アレキサンドライトは黒シミといった具合に、種類によって対応できるシミの色が異なります。

しかし、色だけで決めるわけではなく、シミの症状に応じてレーザーの種類を選び、メラニン色素の深さに合わせて光の強さや照射時間を調節する必要があるため、しっかりとカウンセリングを受けて下さい。。

・C02レーザー
もりあがったほくろやイボ、またアザについてはCO2レーザーを使った治療で簡単に除去することができます。治療の際に局所麻酔をしますので痛みはありません。CO2レーザーは当院では、健康保険が適用できます。

シミ治療は上記で挙げたレーザー治療以外にも、ケミカルピーリングやフォトRFプロなどの光治療などもあり、より治療法の選択できる幅が広がってきました。いずれの治療法にしても、シミの状態を見極め適切な処置ができる信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

ソノクリニック 大阪梅田院

ソノクリニック大阪院

ソノクリニック 神戸三宮院

ソノクリニック神戸院
メール相談はこちら