美容外科・形成外科・皮膚科・レーザー脱毛・プチ整形 ソノクリニック
大阪梅田院・神戸三宮院

ほくろ・イボ・アザ・ワキガ・痔の治療 健康保険取扱

大阪梅田院 06-4796-5656 神戸三宮院 078-392-5521 ※予約制

btn_counsering
スタッフブログ

毛穴の黒ずみ対策は大丈夫?

カテゴリ: 毛穴

秋・冬のケアがいちご鼻かたまご鼻かの分かれ道

女性なら誰しもが気になるであろう毛穴の黒ずみ。夏場は汗をよくかくので注意していたけど、秋・冬は汗をかくこともないので大丈夫、なんて思っていませんか。実は毛穴の黒ずみは秋・冬のケアが大変重要です。そこで、毛穴の黒ずみのメカニズムとケア方法をご紹介します。

毛穴の黒ずみのメカニズム

毛穴の黒ずみというと、多量の皮脂が原因と思われている方が多いですが、実は一番の原因は肌の乾燥です。もちろん皮脂が多いことも要因の一つではありますが、だからと言ってあぶらとり紙や洗顔などで必要以上に皮脂を取りすぎると肌本来のバリア機能が無くなって肌が乾燥します。肌が乾燥すると、元の正常な状態に戻ろうとして、毛穴を全開にして皮脂を過分泌します。そうしてバリアが無くなって開いた状態の毛穴は、少しの皮脂や汚れもつまりやすくなってしまいます。

そんな弱った状態の毛穴に、更に追い打ちをかけるように毛穴パックを使ったり、無理やり指で汚れを押し出そうとしてしまうと、より毛穴を傷つけることになってしまい、良くなるどころか今以上の毛穴汚れ・黒ずみを引き起こすことになります。

特に秋・冬は、夏の肌ダメージが蓄積されているところに、空気も乾燥しているのでいつも以上にケアに注力していただきたいのです。秋・冬のケアを怠るか怠らないかで、来年をぶつぶつのいちご鼻で迎えるか、ツルツルたまご鼻で迎えるかが決まると言っても過言ではありません。

オススメケア方法

①洗顔
汚れを取りたいからと言って、洗浄力の強いものやスクラブタイプの物は、皮脂を取りすぎてしまうので避けた方が良いです。出来るだけ肌に優しいマイルドタイプのものや保湿成分を配合した石鹸や洗顔料を選ぶようにしましょう。特に毎回使う量だけ取り出せるパウダータイプの洗顔料は固形石鹸に比べて肌に優しく、キメ細かい泡を作ることができるのでオススメです。

②保湿
保湿の基本は化粧水ですが、毛穴詰りには様々なタイプがあり、タイプごとに化粧水を選ぶとより効果的です。詰り毛穴や開き毛穴の人は肌の引き締め効果がある「収れん化粧水」、たるみ・クレーター毛穴の人は肌のハリや弾力が無くなっているため「ハリを増やす化粧水」、メラニン毛穴は毛穴が炎症し色素沈着を起こしているので、メラニンを除去する働きのある「ビタミンC誘導体配合化粧水」がオススメです。化粧水をたっぷり付けた後は化粧水の成分が蒸発しないよう、乳液やクリームを付けることもお忘れなく。

③ホットタオル&オイル
水に濡らしたタオルをレンジで温めホットタオルを作ります。それをしばらく鼻にあてることで角質が取れやすくなるので、オイルを付けて優しくマッサージ。しばらく放置すれば角質が浮き上がってくるので優しくふき取ればOKです。オイルはオリーブオイルやホホバオイルなど、ご自身の肌に合うものであれば何でも構いません。ご自宅でも簡単にできますので、週に1度のスペシャルケアとして取り入れるのもオススメです。

空気の乾燥する秋・冬は、想像以上に肌の乾燥が進みます。乾燥は肌のターンオーバーを乱し、毛穴の黒ずみも進行してしまいます。また気になるからと言って無理に黒ずみを無くそうとするとより深刻化するので、無理な洗顔やケアは絶対にしないで下さい。

どうしても黒ずみが気になる場合は、当院でも実施しています「毛穴クリーニング」や「ケミカルピーリング」「光美肌治療」などできれいに除去することもできますので、ご興味あればお問合せ下さい。とはいえ、毛穴の黒ずみケアの基本はホームケア。紫外線の少ない秋・冬の間にしっかりと正しいケアを行うことが、いちご鼻になるかたまご鼻になるかの分かれ道となります。

ぜひ頑張って毛穴よごれのない美しいたまご鼻を手に入れて下さい。

脱毛は一日にしてならず!秋からの脱毛デビューで、来年の夏にはツルツル肌に

カテゴリ: 脱毛

脱毛というと、肌の露出が多くなる春や夏にかけて行うものというイメージが強いですが、夏に向けて脱毛をするのであれば、春から始めるのは正直遅すぎます。あまりピンと来ないかもしれませんが、実は脱毛のベストシーズンは秋なんです。なぜ秋なのか…メリットいっぱいの秋脱毛についてご紹介します。

脱毛には時間がかかる

脱毛は1回施術を受けたら終わりではありません。毛には毛周期と言うサイクルがあり、2~3ヶ月に1回のサイクルで毛は自然と抜け落ちるようになっています。1回の施術で目に見える毛を全て処理したとしても、しばらくすると眠っていた毛が生えてきます。新たな毛が生えてきたらまたその毛を処理するといった具合に、何度も施術を行う必要があります。脱毛完了までにかかる回数は個人差がありますが、ある程度効果を実感できるようになるまでには少なくとも4回は必要です。ですので、秋から時間をかけて行うことで、来年の夏にはキレイなツルツル肌を手に入れることが出来るのです。

紫外線が少ない

脱毛のメカニズムは毛の黒い色(メラニン)に反応するレーザー(または光)を照射し毛根細胞を破壊します。そのため日焼け等で肌が黒い状態で施術を行うと、レーザーが肌の色に反応し火傷や強い痛みを引き起こすリスクがあります。また、施術後も肌が敏感な状態になっていて、その状態で紫外線を大量に浴びると肌が炎症を起こすことがあります。秋になると紫外線量が減るので、そう言った危険性を下げるためにも、脱毛するのは秋からがオススメです。

通院しやすくお得なキャンペーンも

脱毛のハイシーズンと言われる春~夏の時期は一気に患者が殺到するので、予約を取りたくても中々取れなかったり、急な予定などで日にちを変更する場合も2・3週間以上先になることがよくあります。秋~冬にかけては混雑のピークが落ち着き、予約が取りやすくなるので自分の都合や予定に合わせて通院することが可能です。またクリニックによっては、集客のためのキャンペーンを実施するところも多く見受けられますので、通常よりお得に施術を受けることもできます。

脱毛中の肌を隠しやすい

脱毛後の肌は敏感なので自己処理は出来るだけ控えた方がいいのですが、春~夏は肌の露出が増えるので、どうしても生えてきたムダ毛をそのままにはできません。ですが、秋~冬にかけては服装も長袖が中心なので、暑い季節に比べてムダ毛の処理をする必要もありません。肌への負担も少なくより脱毛の効果を実感できると思います。

いかがですか?秋に脱毛を始めるメリットについてご理解頂けたのではないでしょうか。一点だけ注意したいのは「保湿」。脱毛後の肌はレーザーの熱によって肌の水分が奪われ乾燥しやすい状態になっています。通常でも脱毛後の保湿は必須ですが、秋~冬にかけては空気が乾燥しているので、より一層の保湿ケアを心がけてください。その点さえ注意していただければ、秋脱毛はメリットばかり!もともと脱毛は時間のかかるものですので「ちょっと様子を見てから」「もう少し後からでもいいか」と先延ばしにしても何も良いことはありません。料金や施術内容・通院回数等、気になる点があれば当院のサイトでも詳しくご紹介していますし、無料相談も行っていますので、お気軽にお問合せ下さい。

『夏ニキビ』に注意!

カテゴリ: ニキビ

知らないとこわい夏ニキビのメカニズム
ニキビはいつ出来ても嫌なものですが、夏は肌の露出も多く、顔はもちろん、二の腕や背中・胸元などにニキビができてしまうと、せっかくの夏ファッションも台無しです。他の季節ではさほど気にならないのに、夏になるとニキビが増える・悪化するという方はいませんか。
「夏は汗をよくかくから、汗をかかない涼しいところにいたら問題ないでしょ?」
なんて考えていたら、それは間違いです。間違った知識のままでいると、ニキビは治るどころか、さらに悪化してしまいかねません。なぜ夏ニキビは悪化してしまうのか?正しい知識を身に付けて、これからの季節を乗り切りましょう。

夏ニキビの原因

①乾燥
じめじめした夏で乾燥と言ってもいまいちピンと来ないかもしれませんが、ポイントは『肌のバリア機能』。バリア機能が正常であれば、肌内部の水分が保たれみずみずしい肌を維持できますが、夏の強い日差しによる紫外線や、エアコンによる乾燥などの刺激によって肌がダメージを受けるとバリア効果が低下し、肌内部の水分が蒸発していきます。また、冷房による冷えは血行を悪くし、自律神経が乱れ、肌だけでなく体調を壊す原因にもなってしまいます。

②皮脂の過剰分泌
肌が乾燥すると、私たちの体は肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまいます。そうして皮脂が必要以上に分泌されると、余分な皮脂が毛穴に詰まって酸化し、ニキビの原因菌が繁殖し、炎症を起こしやすい肌環境になってしまいます。

③過剰な洗顔
「毎日洗顔しているのになぜかニキビが減らない(増える)」という人は、洗顔のしすぎが原因かもしれません。皮脂は本来肌を守るもの。それを「べたべたして気持ち悪い」「ニキビの原因になるから」と言って、1日に何度も洗顔をすると、本来必要な分の皮脂も取り去ってしまい、それを補おうとより皮脂を分泌するといった悪循環を引き起こしてしまいます。また、皮脂の無くなった肌は無防備な赤ちゃんのようなもの。その状態で紫外線やエアコンの刺激を受けると、さらにニキビが悪化してしまうことになります。

正しい夏ニキビのケア方法

では、夏ニキビのケアにはどういったことに注意すれば良いのでしょうか?
紫外線&冷房対策
紫外線対策の基本は日焼け止めクリームですが、出来るだけ肌に負担をかけないものを選びましょう。また日傘や帽子、UV機能付きの衣類も有効です。汗をかいたらできるだけこまめにふき取り、常にお肌を清潔にするように心がけましょう。冷房対策としては、家の中では出来るだけ冷房を高めに設定したり、外出する際は上着を持って行くなどして冷気が直接肌にあたらないようにしましょう。また、生姜や唐辛子・根菜類など身体を温める食品を積極的に摂るのも効果的です。

保湿ケア
洗顔の際は水を使いましょう。ぬるま湯の方が汚れはよく落ちるのですが、皮脂を落としすぎるので乾燥しやすくなります。また、朝の洗顔も石鹸や洗顔フォームは使わず、水だけにしてみてることをオススメします。水を使えば毛穴を引き締めることもできるのでメイク崩れの防止にもなります。またスキンケアには「収れん化粧水」がオススメです。夏場に開きがちな毛穴を引き締めるとともに、皮脂の分泌をコントロールする役割があります。

今回ご紹介した『夏ニキビ』。正しいケア方法を知っていないと、良かれと思ってやっていた事が、よりニキビを悪化させることになってしまいかねません。ニキビをそのままにしておくと、シミの原因にもなってしまいますので、たかがニキビと思って侮っていると、大変なことになってしまいます。この先何年・何十年と美しくキレイな肌でいるためにも、手間かもしれませんが正しいケア方法を是非実践していただきたいものです。

しかしすぐにニキビを治したい方や中々治らないという方は、当院でも症状に合わせて様々なニキビ治療を行っています。ホームケアではケアしきれない重症化したニキビやデコボコになってしまったニキビ跡など、専門医ならではの施術で、今あるニキビを取り除きニキビができにくい肌へと導きます。ニキビでお悩みでしたら、お気軽にお問合せ下さい。

▼ニキビ治療の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_nikibi/

初めてのピアスで後悔しないために

カテゴリ: ピアス

女性だけでなく男性の間でも、ピアスはオシャレアイテムとして定着しています。学生時代にピアスを開けた人の話を聞くと、お金がないという理由で「自分で安全ピンを使って・・・」という人もいますが、これは絶対にオススメ出来ません。自分で穴を開けてしまうと、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。「ピアス穴は塞がるから、またやりなおせばいいんじゃないの」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一度起こったトラブルは一生残ってしまう事もあります。そうならないためにも、専門医に任せることを強くオススメします。

自分でピアス穴を開けると怒りやすいトラブル

ピアスかぶれ
不衛生な状況で穴をあけると、そこから細菌が入り込み化膿や炎症が起こりやすくなります。重症化してから来院するケースも多く、そうなると完治までに時間がかかってしまいます。

耳垂裂(じすいれつ)
ピアスホールを開ける場所が耳の際だったり、重いものや極太のピアスを無理やり開けると、穴が裂けたり破れることがあります。通常ピアス穴は何もせずに放置すると穴が塞がりますが、一度裂けてしまった耳たぶは元に戻りません。

埋没
キャッチをきつく締めつけたり押し込んだりしすぎると、ピアスヘッドやキャッチが皮膚に埋没してしまうことがあります。万が一埋没してしまったら、外科手術で耳たぶを切開して取り除くしか治す方法がありません。

このほかにも、金属アレルギーやピアスホールのしこりなど、セルフピアッシングでは様々なトラブルを引き起こす可能性があります。こうしたトラブルを防ぐためにも、アフターケアも万全な医療機関でのピアッシングをオススメします。

どこで受けられる?上手な病院の選び方は?

ピアッシングは主に【皮膚科・耳鼻咽喉科・美容外科】で受けられますが、あくまで医療行為ではないので、保険適用外なのと、病院によっては施術を行っていなかったり、価格にもばらつきがあるので事前に電話などで確認してください。病院を選ぶ際は、正しい知識としっかりした技術を持っているかが大前提です。病院によっては、ピアスが斜めに開けられてしまうなど失敗した事例もあるそうです。ピアッシングの実績や知識がしっかりしているか、医療資格を持つ医師によって施術されるかどうかも、ホームページや電話でチェックしておきましょう。

とはいえ、専門医によって正しくピアスを開けたとしても、ピアスホールが化膿したり、痛みを感じたりする可能性は全くゼロとはいえません。医療機関であれば、施術後にトラブルが起きたとしても、相談を受け付けてもらえるので安心ですし、そう言った意味でも医療機関で開ける方が、リスクを限りなく抑えることができます。

初めてのピアスは何かと不安に思うことも多いですが、正しい知識を持ってケアすれば特に問題ありません。ピアスを開けると運気が変わるという話がありますが、確かに今まで出来なかったおしゃれの幅が広がり、またひと味違った自分になれる気がするものです。初めてのピアスを後悔しないためにも、プロによる施術と正しいアフターケア方法で、新しい自分を楽しんで下さい。

みんな気になるワキ脱毛アレコレ

カテゴリ: 脱毛

この季節になると必ず話題に上るのがムダ毛問題。特にワキ毛については、多くの脱毛サロンで夏に向けた激安キャンペーンを用意するなど、関心度の高さがうかがえます。女性なら誰しもが気になるワキ脱毛ですが、
そもそもなぜワキの脱毛をするのか?
脱毛するメリットは?
失敗しないお店選びは?など、
様々な疑問や質問があると思います。そこで、普段なかなか人には聞けないワキ脱毛のアレコレをお伝えします。

ワキのムダ毛は男性不人気No.1

ムダ毛と言うと腕や脚・顔など様々ですが、男性アンケートで女性のムダ毛で一番気になるのはダントツでワキ毛だそうです。「男性は女性に比べてムダ毛を気にしないのでは?」という意見もありますが、口にしないだけで意外と男性は女性のムダ毛を気にしていますし、それが好きな人や彼女であればショックは倍増です。しかし他の部位に比べ、なぜワキ毛が目立ってしまうのでしょうか?

ワキ毛の特徴は太くて濃い毛
ワキには濃くて太い毛が生えてきます。そのため腕や脚に比べ剃り残しや剃り跡が目につきやすいのが問題です。しかしなぜワキには太くて濃い毛が生えてくるのでしょうか。それは、ワキ毛は、身体の成長と共に生えてくる「性毛」と呼ばれる種類の毛だからです。男性であればヒゲや胸毛も「性毛」ですが、いづれも太くて濃い毛が生えてくるのが特徴です。

自己処理するなら「剃る」か「抜く」かどっちがいい?

ワキのお手入れ方法で一番多いのは自己処理ですが、よく「剃るか抜くかどちらが良いですか?」という質問を受けます。結論から言うとどちらもあまりオススメしませんが、どちらかと言われれば剃る方がマシです。それはなぜかというと、カミソリでの処理は毛だけでなく、肌の表面も傷つけてしまい乾燥や炎症の原因になりますが、まだ表面だけなので傷は浅くて済みます。ですが、毛抜きや脱毛器で抜くと、毛穴へのダメージが強く、炎症だけでなく埋没毛や色素沈着と言った肌トラブルの危険性が高まります。ですので、家庭で自己処理する場合は、出来るだけ肌に負担がかからないようにシェービングジェルやたっぷりの泡で肌をガードしながら、カミソリで優しく剃るようにしましょう。

失敗しない脱毛クリニックの選び方は?

あなたが脱毛に関してクリニックやサロンを選ぶ際、何を重視しますか?優先順位は人それぞれあると思いますが、あとあと後悔しないためにも、以下のポイントは是非押さえて頂きたいと思います。

・実績と資格
いくら最新の機器を導入していても、それを扱うのは人間です。出来るだけ脱毛の症例数が多い美容皮膚科や、クリニックの方が安全です。ホームぺージに実績や資格を載せていれば比較的信頼できると思います。

明確な料金設定
脱毛は一回で終わるものではありません。複数回通う必要があるので、料金体系はしっかり把握しておきましょう。部位による料金の違いや、セット料金の有無、また施術以外にジェル代や薬、スキンケア商品などの追加料金がかかるのか、料金を把握した上でクリニックやサロン選びをすれば、無駄な出費を抑えることができます。

丁寧なカウンセリング
カウンセリングの時の対応で、その店が信頼できるかがほぼわかります。受け答えがあいまいなクリニックは避けた方が無難です。無料カウンセリングを実施しているところもあるので、まずはカウンセリングを受けて、十分納得した上で判断しましょう。

ワキ脱毛についてご紹介しましたが、脱毛は今や自分をキレイに見せるだけでなく、身だしなみやエチケットとしてとらえられるようになりました。クリニックによるワキ脱毛も以前に比べ値段もぐっと安くなっているので、もしまだ自己処理で頑張っているなら、専門クリニックでの脱毛をオススメします。当院でもワキ脱毛は人気のメニュー。もし今回紹介した以外にもご質問等あればお気軽にお問合せ下さい。

ソノクリニック 大阪梅田院

ソノクリニック大阪院

ソノクリニック 神戸三宮院

ソノクリニック神戸院
メール相談はこちら