美容皮膚科・美容外科・形成外科・レーザー脱毛・プチ整形 ソノクリニック
大阪梅田院・神戸三宮院

ほくろ・イボ・アザ・ワキガ・痔の治療 健康保険取扱

大阪梅田院 06-4796-5656 神戸三宮院 078-392-5521 ※予約制

スタッフブログ

夏より厄介!?冬でも油断できないニキビケア

カテゴリ: ニキビ

ニキビというと若い時期に出来るものだったり、汗をよくかく夏場のものと思っていませんか?「寒いと汗や皮脂が出ないしニキビになる心配無い」と言って油断していると、ぽつぽつニキビが出来てしまうことはよくあります。実はこの冬場に出来るニキビ、夏場に出来るものよりも厄介なんです。
冬場にニキビが出来る原因とその予防策についてご紹介します。

冬場のニキビの原因は乾燥

一般的にニキビが出来る原因は、皮脂が毛穴に詰まることによって菌が増殖し炎症を起こしてしまうとされています。しかし冬場のニキビはこれとは真逆で、乾燥などによって肌にストレスがかかり、それにより毛穴周辺のターンオーバーの周期が乱れ、毛穴が詰まることによって引き起こされます。

乾燥ニキビの特徴として、皮脂の出やすいTゾーン(鼻やおでこ)ではなく、Uゾーン(顎やエラ)に出来やすいのですが、これはUゾーンは皮脂分泌が少ないからです。特に冬場は外は冷たく乾燥した風が、室内でもエアコンによる暖房によって、肌から水分がどんどん蒸発して常に乾燥状態にあります。肌が乾燥すると皮脂の分泌が少なくなり、肌表面を外的ストレスから守ってくれるバリア機能や柔軟性が低下します。さらに寒さから代謝も悪くなり肌トラブルがニキビとなって現れるのです。

冬場のニキビの予防・ケア方法

①室内に潤いを
冬場のニキビの原因は乾燥ですので、室内に加湿器を置いて乾燥対策を心がけましょう。あと意外と見落としがちなのがオフィス。オフィスの空調も肌には良くないので、卓上型の加湿器を使用するなど、乾燥しない環境づくりがニキビ予防につながります。

②熱いお風呂や洗顔に注意
寒いとついつい熱めのお湯でお風呂につかったり洗顔する人も多いと思います。しかし熱いお湯は肌バリアに必要な皮脂を取りすぎてしまい、かえって乾燥を招くことがあります。出来れば40以下の温度のお湯で入浴や洗顔する事をおすすめします。

③正しいスキンケア
ニキビ=皮脂というイメージがあるので、ニキビが出来るとさっぱり系のスキンケアにしがちですが、これがそもそも間違い。冬のニキビケアに必要なのは保湿です。肌は潤いを求めているのに、間違ったスキンケアを続けるのでニキビが中々治らないのです。また「ベタベタする」「油分はいらない」と化粧水だけで乳液やクリームを使わないというのもNG。化粧水(=水分)だけだとすぐに肌表面の潤いは蒸発してしまいます。潤いを留めるために乳液やクリーム(=油分)も必ず使用しましょう。オススメは洗顔後、化粧水を付ける前にスクワランやセラミドなど皮脂の成分に近いオイルを使って顔全体をマッサージすること。先にオイルマッサージすることで、後で使う化粧水が蒸発しにくくなるだけでなく、乾燥でカチカチになった肌が柔らかくなって美容成分の浸透も良くなるので、是非試してみて下さい。

寒いからニキビケアは必要ないと思ったら大間違い。冬場のニキビは一度出来ると治りにくく、ケアをせず放置しておくと更にニキビが悪化し、最悪の場合ニキビ跡が残ってそれがシミになることもあります。
冬場は楽しいイベントが目白押しですが、肌にとっては過酷な季節。厳しい寒さに負けない健やかな肌で、楽しい冬を過ごしてください。

▼ニキビの詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_nikibi/

ブライダル脱毛は計画的な医療レーザー脱毛がおすすめ

カテゴリ: ブライダルエステ脱毛

女性にとって最も輝ける瞬間と言えば、やはり結婚式ですよね。しかし結婚式の準備というと、会場との打合せや招待するゲストのリストアップに案内状送付と、やることが盛りだくさんで、自分の事はついついおろそかになりがちです。そんな中でも特に見落とされがちなのが『脱毛』。ウエディングドレスは腕や背中など、意外と肌を露出する範囲が多いものです。せっかくの純白のドレスも、腕や背中のムダ毛がゲストに見えてしまうと…考えただけで恥ずかしくなってしまいます。

ブライダルの予定がある人も、まだ予定はこれからという人も、ブライダル脱毛の基礎知識についてご紹介します。

①そもそもブライダル脱毛って必要?

昔に比べ今でこそ脱毛の金額は安くなりましたが、それでも全身脱毛となるとそれなりに費用も掛かります。「結婚式は何かとお金が必要だし、結婚式の直前に自己処理すればいいんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思います。確かに費用の面で考えると、自己処理で済ませた方が安いです。しかし、自己処理だと剃り残しも多いですし、背中など部位によっては自己処理では限界があります。更に恐ろしいのは、様々な肌トラブルを引き起こしてしまう点。

  • カミソリで皮膚の表面まで剃ってしまい肌が荒れてしまった。
  • ワックス脱毛で、剥がした後の皮膚が炎症を起こして赤くヒリヒリする。
  • 脱毛クリームを使ったものの、肌に合わずかぶれてしまった
  • 埋没した毛を無理やり抜いたら肌に赤いポツポツが出てきた。

自己処理をされたことのある方なら、こんな経験をしたことある人も多いのではないでしょうか。自己処理による肌ダメージは甚大で、長く続けると肌荒れや乾燥・色素沈着の他に、毛穴が広がって後から生えてくるムダ毛が太く濃くなったり、ひどい場合は傷ついた皮膚や毛穴から雑菌が入り込み、毛嚢炎を引き起こすこともあります。こうなってしまうとすぐに治すことはできないので、キレイになるどころか最悪の状態で結婚式を迎えることになってしまいます。

結婚式に向けて、より確実でキレイに脱毛したいとお考えでしたら、是非プロに脱毛してもらうことをオススメします。

②ブライダル脱毛を始める時期はいつが理想?

では、ブライダル脱毛はいつから始めるのが良いのでしょうか。結論から言うと、1年くらい前から計画的に行うのが理想です。「そんなに時間がかかるの!?」と思われるかもしれません。ですが、脱毛は1回で終わるものではありません。毛には毛周期というサイクルがあって、「成長期」「退行期」「休止期」を経て生え変わっていきます。この毛周期サイクルに合わせて脱毛することで、より高い効果を得ることが出来ます。

毛周期のサイクルは部位によって多少差はありますが、次の脱毛までだいたい2ヶ月くらい空けるのがベストとされています。2ヶ月ごとに脱毛すれば1年で6回。私の経験上、医療レーザー脱毛を6回すれば、自己処理が不要になる程度にムダ毛をキレイにすることが出来ます。
この事から、1年前から余裕を持って計画的に脱毛するのが理想です。

③脱毛するなら医療レーザー脱毛がオススメ

現在、一般的な脱毛の方法は2種類あり、主にクリニックで利用されている「医療レーザー脱毛」と脱毛サロンで使われている「光脱毛」とがあります。

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い
ではこの2つにはどんな特徴や違いがあるのでしょうか。「医療レーザー脱毛」は、その名の通り医療機関でのみ扱うことが出来る脱毛機器です。
レーザー脱毛のメカニズムは、メラニン色素にだけ反応するレーザーを皮膚表面に照射することで、ムダ毛の毛根部の組織を熱エネルギーによって破壊します。レーザーを照射した箇所はほぼ永久脱毛に近い状態になるので、毛周期に合わせて施術することで、ほぼ完璧に脱毛することが出来ます。
光脱毛はメカニズムとしては医療レーザー脱毛とほぼ同じですが、医師免許を持たない脱毛サロンのスタッフでも扱えるようにレーザーほど威力は強くありません。ですので脱毛はできるのですが「永久」というほどの効果はありません。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット
医療レーザー脱毛は光脱毛に比べ価格が高いのが難点ですが、その分威力が強いので脱毛完了までの期間や回数は少なくて済みます。結婚式まであまり時間が無いという方も、数回の施術である程度効果を実感することが出来ます。また、「レーザー脱毛は痛い」というイメージを持たれている人もいますが、当院で採用している「ジェントルレーズ脱毛」はゴムを弾いた程度の痛みですし、安全性・確実性共に高いので、価格以上の満足感が得られると思います。更に何と言っても医療機関でしか扱っていないので、万が一肌トラブルが発生した場合は医師がすぐに対応してくれるので、アフターフォローの点でも安心です。

光脱毛のメリット・デメリット
最近では街で激安を謳う脱毛サロンの広告ポスターをよく目にするように、光脱毛は低価格なのが魅力です。また広範囲に照射できるので、全身脱毛など広範囲にわたる脱毛の場合、1回の施術時間が短くて済みます。医療レーザーに比べると効果が弱い分、肌への負担は少なく痛みもほとんど感じないので、脱毛初心者の方にオススメです。

ただ、先ほども述べたように光脱毛では永久的な脱毛にはなりませんし、脱毛完了するまでにはたくさんの回数施術する必要があります。

ココだけは押さえておきたい!ブライダル脱毛のオススメ部位

結婚式はアナタが主役。当然ながらゲストの目線はアナタに注がれます。自分では気づかないところも他人からは見られていることもあるものです。そこで特に見られやすい部位をご紹介します。

・背中
何と言っても一番見られるのは背中です。背中の大きく開いたウエディングドレスは素敵ですが、背中の毛が生えたままだとドレスも台無しです。また自分ではチェックしにくい部位ですので、背中は絶対に押さえておきましょう。

・胸
腕も背中と同じく露出の多い場所です。カミソリで自己処理する人も多いですが、その場合剃り跡が残ることもあります。脱毛することで触りたくなるようなツルスベ肌を目指しましょう。また意外と見落としがちなのが指。指輪交換の際に指毛が残ったままだと、テンションも下がっています。

・うなじ
結婚式のヘアセットはアップすることがほとんどです。うなじも背中同様自分では毛深さを自覚出来ない部位なので、うなじから肩にかけてのラインをキレイに整えることで、より美しくウエディングドレスを着こなすことが出来ます。

その他にもミニスカート丈のウエディングドレスの場合は足の脱毛は欠かせませんし、意外に思われるかもしれませんが、顔の脱毛もオススメ。顔全体に広がる細かい産毛を除去することで、顔がワントーン明るくなって化粧ノリも良くなります。もちろん結婚式のためというのもありますが、一度脱毛すれば効果は一生ものですので、自分への投資と思って脱毛するのもいいかもしれません。

ブライダル脱毛なら医療レーザーがオススメ

以上のことから、少ない施術回数で確実に脱毛出来る医療レーザーは、ブライダル脱毛に向いていると言えます。とはいえ、価格や勢いだけでクリニックを決めずにまずはカウンセリングを受けて、かかる費用や脱毛完了までの期間、特に気になる箇所など、よく医師と相談した上で信頼できるクリニックを選びましょう。

ソノクリニックでもブライダル脱毛のご相談にも気軽に応じますし、料金は都度払いシステムを採用していますので、一度に大きな金額を払う必要が無く、金銭的な負担の少なく安心です。もし脱毛に関するお悩みや疑問等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

▼医療レーザー脱毛の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_depilation/

秋の「ゆらぎ肌」にご注意を!

カテゴリ: 肌トラブル

アナタは「ゆらぎ肌」のことはご存知でしょうか?「何となく肌がカサカサ・ピリピリする」「いつもよりハリがない」など、普段のベストな肌状態と比べ違和感を感じる肌の状態の事を指します。ゆらぎ肌は食事や睡眠やストレスのほか、気温・湿度など、日常生活に起こる様々な変化が要因となります。中でも夏から秋にかけての季節の変わり目に起こるゆらぎ肌には特に注意が必要です。

秋のゆらぎ肌はなぜ怖い?

秋の肌は、夏の間に受けた紫外線や冷房などによって受けたダメージが蓄積した、敏感な時期です。また一日の気温差が一年で一番大きく、その寒暖差に肌がついていけず不調が表面化するのです。

更に秋はブタクサなどの秋花粉が飛散したり、冬ほどではないものの空気の乾燥も進みますので、夏が過ぎたからと言ってスキンケアを怠っていると、慢性的な乾燥やシミ・シワを引き起こしてしまいます。ではゆらぎ肌を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

ゆらぎ肌対策その① スキンケアの見直し

肌の調子が悪い時についやってしまいがちなのは、化粧水やクリームを何種類も付けたり毎日美顔器を使ったりするなどした、いわゆる「やりすぎ美容」。スキンケアを頑張るのはとても良いことなのですが、やりすぎると肌に負担をかけることになり、かえって肌を傷めることになります。それよりも普段のスキンケアの内容を見直すことが重要です。

多くの人が陥りがちなケースとして、夏に使用していた化粧水や乳液をそのまま秋になっても使い続けることがあります。夏は毛穴を引き締めたり汗によるべたつきを抑えるケアが適していますが、秋は低刺激・保湿性の高いコスメを選ぶようにしましょう。

肌が敏感な状態なので出来るだけ肌に負担をかけないシンプルなケアが美肌に導くコツです。

ゆらぎ肌対策その② 生活習慣の見直し

スキンケアと同じくらい重要なのが、睡眠と食事です。秋は昼間は暑くても夜はぐっと冷え込みます。昼間のイメージで夜薄着でいると、身体が冷えてしまい良質な睡眠がとれません。湯船につかるなどしてしっかり身体を温めてから寝るようにすると良いでしょう。

食事はバランス良く食べるのが基本ですが、乳製品やオクラ・山芋などのネバネバ食品に多く含まれるビタミンAやヒアルロン酸を積極的に取り入れるのがオススメです。

秋に多いゆらぎ肌についてご紹介しました。秋は気温も涼しくなり過ごしやすいイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ケアを怠ると一気に肌の老化を引き起こしてしまいますのでご注意下さい。

すぐにゆらぎ肌を何とかしたいとお悩みでしたら、当院でも扱っている「ケミカルピーリング」や「イオン導入」がオススメです。ケミカルピーリングは古くなった角質等を薄く削り取り、皮膚が新しくなりますのでシミ・美白・シワ・タルミ・ニキビ跡と肌トラブル全般に対応出来ます。イオン導入は、塗布だけでは肌の奥まで届きにくい有効成分を、微弱な電流を使って浸透させる施術です。どちらも夏に受けた肌ダメージを一気にケア出来るスペシャルメニューです。

肌に少しでも違和感を覚えたら早め早めにケアすることで、秋ゆらぎに負けないキレイな肌を保ちましょう!

▼ケミカルピーリングの詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_peeling_new/

▼イオン導入の詳しい内容はこちらから
http://www.21vin.com/menu_ion/

脱毛したい!でもカラダのどこから始めるべき?医師がオススメする、まず始めるべき脱毛部位

カテゴリ: 脱毛

ムダ毛の脱毛は一昔前に比べると随分一般的になりました。レーザーや光脱毛の登場で料金もグッとリーズナブルになったこともあり、若い女性でも気軽に施術できるようになりました。しかし、いざ脱毛したいと思っても身体のどこから始めたらいいのかわからない…という人も多いのではないでしょうか。そこでオススメする脱毛の優先順位とタイプ別の部位の選び方をご紹介します。

脱毛初心者はまずワキから

脱毛するならコンプレックスのある部分からと考えている人も多いかと思いますが、初めて脱毛をする人が、いきなり痛みの感じやすい部位から脱毛をスタートすると、“脱毛=痛い”となってしまい、その後脱毛を続けるのが苦痛になってしまいます。そこでおすすめするのは「ワキ」です。

ワキは比較的痛みを感じにくい部位ですし、女性でワキのムダ毛処理をしたことが無い人はいないのではいかというくらい、ワキを気にする人は多いです。また料金を低価格に設定しているサロンやクリニックは多く、キャンペーンを実施しているところも多いので、初めて脱毛にトライするにはうってつけの箇所と言えます。

目立ちやすい箇所を優先的に

自分ではあまり気が付かないけれど、他人からは意外と目につくのが「ひじ下」と「ひざ」。ワキはこまめに処理をしていても、ひじやひざはついつい忘れていたなんてことはありませんか。冬場は服を着こむので気になりませんが、暖かくなって半袖になった瞬間にムダ毛が気になりだす人も多いようです。
このほかにも手足の「指」もオススメです。手も人から良く見られる部位ですし、せっかくカワイイ指輪やアクセサリーを付けていても、ムダ毛が見えてしまうと台無しです。
またこれらは他の部位に比べ痛みを感じにくいので、初心者でも始めやすい部位です。

慣れてきたらVIOも

ある程度脱毛に慣れてきたらVIOにも挑戦してみましょう。女性の多くがデリケートゾーンのムダ毛を気にしていますが、「恥ずかしい」とか「痛そう」と、初心者が始めるには中々ハードルの高い箇所です。ですのである程度痛みの少ない部位から始めて慣れておくと、VIOも抵抗感なく臨めると思います。またVIOは見た目の美しさだけでなく、衛生面や臭いケアの点からもぜひ脱毛することをオススメします。

タイプ別、脱毛箇所の選び方

普段のライフスタイルのタイプからも、脱毛したい箇所は異なります。
例えばタンクトップやミニスカートなど、いろんな服を着こなしたいオシャレ派の人であれば、まず腕や足の脱毛を最優先しましょう。また見逃しがちですが、背中やうなじもオススメです。
またスポーツが好きなアクティブ派の方であればVIO脱毛がオススメです。上記でも述べたようにデリケートゾーンは蒸れやすく臭いがこもりやすいですし、また身体にフィットした水着を着た時に、ムダ毛がはみ出さないか気になってしまってはせっかくのスポーツも楽しめません。

脱毛の順番に特に決まりはないのですが、まずはワキから脱毛するのがオススメです。それからムダ毛の気になるところや痛みの少ないところなど、あなたなりに優先順位を決めていくと良いでしょう。自己処理を続けると肌を傷つけ肌荒れや黒ずみの原因となりますので、脱毛することで肌の状態が良くなりますし、わずらわしい自己処理の時間から解放されることでより快適な日々を過ごすことができます。

当クリニックでは医療用の脱毛レーザーを使い、痛みが少なく安全で確実な施術が可能ですし、料金も一度に多額の支払いが無い『都度払い』システムを採用していますので金銭的な負担が少なく、単発で試して頂くことも可能です。

もちろんカウンセリングも随時受け付けておりますので、脱毛について疑問やお悩み等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

カサカサお肌にうるおい来たれ!

カテゴリ: 肌トラブル

“秋枯れ肌”に負けないスキンケア

記録的猛暑もひと段落し、ようやく過ごしやすくなってきました。しかし秋口は、肌にとって実はとても注意しなければいけない季節です。夏の間に強烈な日差しやエアコンなどで弱った状態の肌。この時期にしっかりケアをしないと、カサつきやくすみ・ゴワつきなど肌の不調が一気に進んでしまいます。

誰でも知らぬ間に陥ってしまう“秋枯れ肌”

特に不摂生をしているわけでもないのに、秋になると肌の調子が悪くなったと感じたことはありませんか?それは“秋枯れ肌”かもしれません。

・顔全体がカサカサ乾燥している
・目の下のクマが目立ってきた
・くすみが広がって顔色が良くなく化粧ノリも悪い
・毛穴のごわつきや黒ずみが気になる

秋に入ってから上記のような状態に当てはまる人はおそらく“秋枯れ肌”です。女性の約7割はこの秋枯れ肌に悩まされた経験があるとも言われています。では何が原因で秋枯れ肌に陥ってしまうのでしょうか。

秋枯れ肌の原因

①気温・湿度の変化
9月の昼間はまだまだ残暑厳しいですが、夜は一気に冷え込みます。夏に比べ秋は昼夜の寒暖差が大きくなりますし、天候もコロコロ変わります。そんな気候の急激な変化は肌に強いストレスを与えてしまいます。過度なストレスは肌のターンオーバーが正常に働かなくなるので、乾燥や肌荒れの原因となります。また、秋に入ると湿度が一気に低下してきます。ですので過ごしやすい気候になったと油断しているとあっという間に乾燥が進んでしまいます。

②紫外線対策
夏の間は日焼けしないように気をつかっていても、秋になるとそこまで気にしない人も多いのではないでしょうか。しかし、7・8月の紫外線量を10とすると9・10月の紫外線量は7程度と言われています。夏が過ぎたからといってケアがおろそかになると、紫外線をもろに浴びて肌ダメージがより蓄積されてしまいます。

③スキンケア方法
夏の間使っていたさっぱりタイプの化粧水や乳液を、秋に入ってもそのまま使い続けはいませんか?もったいないからと夏と同じスキンケアをしていては、しっかりケアをしているつもりでも実は保湿不足で、肌がどんどん乾燥していくなんてことにもなりかねません。

秋枯れ肌”に負けないスキンケア方法

・保湿を意識したデイリーケア
一番のポイントはやはり保湿です。まずは普段の化粧水や乳液を保湿成分を含んだものやしっとりタイプのものにチェンジしましょう。またデイリーケアに美容オイルを取り入れるのもオススメです。洗顔後の肌にまずオイルを使い優しくマッサージしましょう。オイルで肌を整え柔らかくすることで、その後の化粧水の馴染みも良くなります。そしてケアの最後にもオイルを塗ってフタをすることで保湿成分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥からガードしてくれます。

・スペシャルケアで乾燥知らずの潤い肌に
乾燥がひどい方やすぐにケアしたいという方には、美容クリニックでのスペシャルケアもあります。当院でも人気の“フォトRF”。高周波エネルギーを肌に浸透させる光美肌治療ですが、肌の奥深くにある細胞を活性化させることでターンオーバーが正常化したり、コラーゲンの生成が促進されるなど肌本来の働きが回復し、シミ・シワ・乾燥・ニキビといった様々な肌トラブルを改善できます。その他にも古い角質を除去し美白に導く“ケミカルピーリング”や有効成分を肌内部まで届ける“イオン導入”などといった様々なスペシャルケアがあります。これらを月1回、普段のデイリーケアに取り入れれば、かなり高い効果が得られると思います。

食欲の秋・スポーツの秋など、秋は何かと楽しみの多い季節ですが、過ごしやすい気候だからと甘えていては夏の肌ダメージのツケは帳消しに出来ません。それどころかしばらくすると、肌にとっては更に厳しい冬の季節に突入します。肌トラブルの原因を知りしっかり対策して今のうちに肌を健康な状態に戻すことが、若々しい肌を保つために重要なことです。“秋枯れ肌”に負けない潤い肌を目指しましょう!

ソノクリニック 大阪梅田院

ソノクリニック大阪院

ソノクリニック 神戸三宮院

ソノクリニック神戸院